元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

[駐禁]さよなら。新生ビルテクノ

2012-11-29_0522.png
2012-11-29_0526.png


・入札結果の詳細をサイトで探す方法は→コチラ
・平成25年度都内の入札結果前半戦は→コチラ

・新生ビルテクノ放置車両確認機関としての歴史(都内)
平成18年度  墨田区向島エリア受託
平成19年度  墨田区向島エリア受託
平成20年度~ 目黒・碑文谷エリア受託
平成24年度

松木和哉の辛口トーク
平成25年度警視庁管内(つまり東京都内)における駐禁を取り締まる企業の入札結果(後半戦)が開示になりましたね。
一般のひとにはあまり知られていませんが、駐車監視員という仕事はとっても不安定なんです。
3年ごとに入札がありますので、そこで落札できなければ他の会社に再就職するか
駐車監視員を引退しなければなりません。

新生ビルテクノは平成18年からこの業界に携わってきた老舗企業です。
でも、駐禁業界では良い噂はきいたことがありません。むしろ・・・。
ですから、この結果はうなずけるという話をよくみみにします。

また復活する日があるのかな?その日まで、さよなら。新生ビルテクノ。

新生ビルテクノからこのエリアを奪ったのはジェイ・エス・エス。
最近の入札では本当に評価が高いです。
ついに、アネシスにならんで都内の受託エリアを「6」まで延ばしてきました。
業界第3位タイです。

やはり駐禁業界も質の高い仕事をする企業だけが生き残っていく時代になりましたね。







関連記事
スポンサーサイト

| 入札情報2012 | 00:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/813-d5d0297d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...