元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

月間最多取締件数は5月!(2011年の駐禁はこんなだった!・その3)

2011年月別取締件数グラフ

< 前回(その2)からのつづき >

放置駐車取締り全体の88%を占める上位10都道府県の取締件数を、月別にすると、放置駐車取締りの傾向が見えてくる。

東京都(警視庁)、神奈川県など首都圏では3月以降、むしろ取締り件数が増加する傾向にあった。特に東京都は、1月の取締り(3万2281件)がいちばん少なく、「年初来高値」を更新しながら、11月に4万7037件とその年の最多を記録した。この数字は全国的にみても月別の最多だ。

しかし、西に目を移すと、首都圏とは違って、前半に取締りが多く、後半になるほど少なくなる傾向があった。愛知県の最多取締り月は3月(1万6523件)、大阪府も同様に3月(3万5731件)、京都府は1月(7562件)だった。福岡県もピークは4月(8839件)だった。北海道の場合は1年を通して平均的に取締りが行われる傾向にあった。

2011年の放置駐車の取締りは、東日本大震災という未曾有の災害を受け、例年とは違った傾向も見せた。

被災地である東北地方では、取締り件数が20~30%減少している。その中でも被災直後の2か月間の落ち込みが激しい。顕著なのは宮城県だ。同県では1か月に1000件以上の取締りが行われているが、震災後の4月の取締りは0件、5月も96件だった。その後は通常の取締件数に戻っている。福島県も、4月は42件、5月は149件と大幅に落ち込んだ。こうした傾向は、他の東北地方(青森県、岩手県山形県)のほか栃木県、群馬県でも見られた。

47都道府県全体では、ほぼ毎月16万~17万件の取締りが平均的に行われ、年間194万件の確認標章取付件数となっている。月別で取締り件数が最多だったのは5月(17万5451件)、最少だったのは2月(14万4389件)だった。2月は、全国的に取締り件数が若干減少する傾向が見られた。
※警察庁情報公開資料より





松木和哉の「言わせてもらってもいいですか」

2011年の最多は5月だったんですね。
東日本大震災の直後であるにもかかわらず、5月が最多というのは意外でした。
みなさんの予想は当たりましたか?

全国的に年末に向けて件数が減少していったようです。これも意外ですね。
全国トップになった東京だけが11月に最多件数を記録したことからもわかるように、
年間の件数を伸ばすためには、やはり年末の件数が重要になってくるようです。

次回は「2011年のバイクの取り締まりの実態」についてご報告いたします。

こちらのお勧め記事はいかがでしょうか
 ■ 放置駐車取締り、194万件 (2011年の駐禁はこんなだった!・その1)
 ■ 2011年は東京都がトップ!(2011年の駐禁はこんなだった!・その2)
 ■ 月間最多取締件数は5月!(2011年の駐禁はこんなだった!・その3)


「駐車監視員は見た!」取扱い店舗を見つける方法は → コチラ






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2012 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/659-048f1d7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...