元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

2011年は東京都がトップ!(2011年の駐禁はこんなだった!・その2)

12033001

< 前回(その1)からのつづき >
都道府県別にみると、年間で最も多くの取締りが行われたのは東京都(警視庁)の50万1039件、逆に最も少なかったのは、山梨県の450件だった。東京都と山梨県の格差は1113倍で、四輪車と二輪車の車種に関わらず、駐車問題が偏在していることを伺わせる。

取締りが多かった10都道府県は、東京都、大阪府、神奈川県、愛知県、兵庫県、埼玉県、千葉県、福岡県、京都府、北海道と続き、大都市を抱える場所で多くの取締りが行われている。上位10都道府県の取締件数は合計で170万3718件で、全国の88パーセントを占めた。また上位3都県だけで100万件を超えた
※警察庁情報公開請求資料より


2011年都道府県別確認標章取付件数ランキング
順位都道府県2011年2010年
1位東京都50万1,03935万1,885
2位大阪府34万0,60035万4,437
3位神奈川県19万6,94522万8,362
4位愛知県16万1,84319万3,581
5位兵庫県10万9,40613万3,543
6位埼玉県9万4,6089万3,840
7位千葉県9万1,74611万0,389
8位福岡県7万3,0508万4,259
9位京都府7万2,7647万2,016
10位北海道6万2,1176万5,009





松木和哉の「言わせてもらってもいいですか」
2010年は大阪府が全国トップでした。
2011年は昨年2位の東京都が1位に返り咲きました。
上位10都道府県中、件数が増加したのは東京都だけです。

それにしても、東京都はよくぞ15万件も増加しましたね。
これは驚愕の数字だと思いますよ。

なぜなら、2011年から東京都では新型携帯端末が導入され、
最短でも「3分」経たないと確認標章が印刷されないという
「件数アップ」には非常に不利なシステムになったからです。

それ以前までは、1分でも印刷することができました。
それが、3分になったのです。
2分も余計に時間をかけていたら、ドライバーは戻ってきてしまいますよ。
ただでさえ、最近のドライバーは駐禁の取り締まりをすごく警戒しているんです。

しかも、東日本大震災の影響は東京都にも及びました。
特に、震災直後の3月から5月くらいまでは、交通量が激減したのです。

このような状況で、駐禁取り締まり件数を15万件も増やしたことは
奇跡に近いことだと思えてなりません。

東京都の駐車監視員のみなさん!おめでとうございました。
そしてご苦労様でした。
大阪府の駐車監視員のみなさん!今年はリベンジしてください!

それでは、2011年で取り締まり件数が1番多かったのは
何月でしょう?こたえは次回(2011年の駐禁はこんなだった!・その3)
でご紹介いたします。

こちらのお勧め記事はいかがでしょうか
 ■ 放置駐車取締り、194万件 (2011年の駐禁はこんなだった!・その1)
 ■ 新型携帯端末機・その1
 ■ 新型携帯端末機・その2
 ■ 新型携帯端末機・その3
 ■ 新型携帯端末機・その4
 ■ 新型携帯端末機・その5
 ■ 新型携帯端末機・その6

「駐車監視員は見た!」取扱い店舗を見つける方法は → コチラ






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2012 | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/658-44ed9c39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...