元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

鹿児島県内の駐車違反出頭者 わずか1割

110725


発売まであと 10 日

駐車監視員は見た!駐車監視員は見た!
(2012/02/25)
松木和哉

商品詳細を見る


『駐車監視員は見た!』発売情報
 最新作『駐車監視員は見た!』発売決定!!






【 駐車違反 運転者出頭1割 】

駐車違反をした運転者が反則金を支払わない場合、車の持ち主が放置違反金を納めなくてはならなくなってから5年半ほどになる。鹿児島県警によると、これまで運転者が出頭したのは1割程度。持ち主として違反金を支払って、運転免許の違反点数を免れているとみられる。反則金や違反金の収納率は上がっているが、県警内部には「制度改善が必要だ」という声もある。

●ネットで「裏技」と紹介
 放置違反金制度が始まったのは2006年6月から。駐車違反に反則金しか科せなかった旧制度では運転者の特定が難しく「逃げ得」になることもあったことから、道路交通法が改正され、車検証に記されている「使用者」ら持ち主も管理責任を問われるようになった。
 県警交通指導課によると、県内で2006年6~12月に駐車違反の車に標章をつけたのは8287件。このうち出頭してきたのは1805件で、出頭率は21・8%だった。
 その後、駐車違反の標章をつけたケースは07年2万636件、08年1万3943件、09年9184件、10年8058件、11年4761件と激減したが、この間の出頭率は8・9~12・5%にとどまっている。
 交通指導課の担当者は「違反者が点数逃れのために出頭せず、持ち主として違反金を払っていることも考えられるが、はっきり分からない」と話す。持ち主に運転者が誰だったかは確認していないという。
 インターネット上では、車の持ち主として違反金を納め、違反点数を付加されるのを免れる手法が「裏技」として紹介されている。これに対し、警察庁は「この制度は全体として悪質な運転者の逃げ得を許さない考え方から導入されたものであり、何らかの方法で関係者の責任追及がなされることが重要だと認識している」としている。


●収納率向上には効果
 警察庁によると、反則金と放置違反金の収納率は2010年末で9割以上。放置違反金制度が始まる前の05年は7割台で、警察庁は「制度導入の効果が出ている」としている。
 県警によると、県内の収納率は制度開始以降、97%ほどで、「以前に比べ上がっている」という。
 違反金を納めないと車検を受けられなくなったことが大きい。鹿児島運輸支局によると、未納者の情報は端末に登録され全国で共有されている。県警によると、未納で車検をいったん拒否されたケースは制度導入後999件あり、結局は全員が納めたという。
 督促しても違反金を支払わない場合は、口座を差し押さえて徴収することもある。県警は制度開始から昨年末までに252件を強制徴収した。県内の違反金の累積滞納額は昨年末の時点で2160万円となっている。


●レンタカーの時 業界と警察連携
 レンタカーの借り手が放置駐車違反をした場合、警察からレンタカー会社に連絡が来るようになっている。
 全国レンタカー協会によると、昨年6月からの半年間に警察から連絡が来た客の駐車違反は7809件あった。4458件の関東地方のほか大阪や名古屋周辺が多く、県内ではなかった。
 同じ半年間に借り手が反則金を支払ったケースは5019件。借り手がレンタカー会社に金を預けてレンタカー会社が支払ったケースは1349件あった。担当者は「レンタカー会社が払えば借り手は違反点数がつかないが、それを知っているのかは分からない。『払いに行くのは手間がかかる』と言って頼んでくる」と話す。借り手が支払わず、レンタカー会社が肩代わりしたケースは416件。こうしたケースは県内では報告がないという。(祝迫勝之)


◇放置違反金制度
 駐車違反の反則金を運転者が違反翌日から30日以内に支払わなかった場合、同額が持ち主に科される制度。普通車の場合、駐停車禁止場所で1万8千円、駐車禁止場所で1万5千円。違反金を納めないと車検を受けられない。違反金の納付命令を繰り返し受けると車両の使用が制限されることもある。駐車違反をした運転者が特定されると運転免許の違反点数が付加されるが、放置違反金を支払う人には付加されない。

〔 asahi.com 2012年02月06日 〕





全国的に駐車違反の数が激減していることが最近よく話題になります。
鹿児島県も例外ではありません。
5年で、およそ5分の1ですか……。
本当にこの制度をもう1度考え直さなけばならない時期にきているのかもしれません。

この記事で1つ気になる部分があります。

インターネット上では、車の持ち主として違反金を納め、違反点数を付加されるのを免れる手法が「裏技」として紹介されている。

確かに、出頭しなければ点数の加算はなく、違反金の納付だけですみます。
でも、これって本当に裏ワザですか?
駐車監視員も、警察も教えてくれますよ。
「駐車監視員資格者必携」という市販されている駐車監視員教則本にも
記載されています(わかりにくいですけど……)。

新駐禁ルールがスタートして5年半。
これはもはや裏ワザではありません。

常識です




関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ルール(鹿児島) | 05:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/630-e61bdd26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...