元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

駐車監視員が警察からノルマを課せられた!?

まずはコチラの動画をご覧ください。



「あれ?これって先月、新聞記事に出てたよね」

そう思われたひとは、駐禁情報に敏感なひとです。

そうです。
「警視庁板橋署の警察官が駐車監視員にノルマを課していた」
という記事が11月22日の東京新聞朝刊に掲載されました。

その記事もご紹介しておきます。




【駐車監視員にノルマ 警視庁 板橋署員が指示】 


 駐車違反を取り締まる民間の駐車監視員に取り締まり目標を設定させた行為は、労働者派遣法に抵触する恐れがあるとして、警視庁が厚生労働省東京労働局から是正指導を受けていたことが、同庁などへの取材で分かった。同庁幹部は「誠に遺憾なことで、関連法規についてまとめた説明書を全署に配布するなど、再発防止を指示した」としている。


 警視庁によると、昨年十一月、板橋署の交通担当の係長が朝礼で、駐車監視員の男性(51)らに、取り締まりの目標件数を述べさせ、目標達成の報告をさせていた。


 男性によると、係長は外来者にも見える署一階のフロアで朝礼を開き、目標を達成できなかった監視員に「大きく手を挙げてください」と指示。「違反車両が無いなら無いなりにどうにかできなければ。プロなのだから」などと言ったという。


 東京労働局は、朝礼での係長の行為は、請負契約の発注者(警視庁)が請負労働者(駐車監視員)に直接、指揮命令することを禁じた労働者派遣法に抵触する恐れがあると判断したもようだ。


 厚労省によると、警察が駐車監視員に指示を伝えたい場合、受託会社に依頼して駐車監視員への指示を出してもらわなければならない。


 男性は、昨年十二月、東京労働局に申告。同局は板橋署への立ち入り検査を実施し、今年五月十七日、警視庁に是正指導した。


 指導を受けて警視庁は、説明書を配布するとともに、六月、受託会社向けの業務マニュアルから「駐車監視員は、特異な事案の発生その他の事情により警察官から指示を受けたときは、必ずこれに従わなければならない」といった記述など、警察が監視員に指揮命令できるとする趣旨の記載を削除した。

(東京新聞 2011年11月22日 朝刊)




駐車監視員にノルマはありますよ。
でも、それは駐車監視員が在籍する会社が課すものです。

駐車監視員が在籍する会社は警察からノルマを課せられます。

警察→会社→駐車監視員

この順序なら問題ありません。
しかし、板橋署ではこの順序を無視していたようですね。

板橋署だけではないのではないでしょうか。

駐車監視員は巡回前に警察署に出頭して、
必ず朝礼を行います。

このとき、交通課交通執行係の
主任あるいは係長から指示があります。

私は最初から「このやり方はおかしいなあ」と思っていました。
警察は「請負契約」の意味を全く理解していません。
警察のいいなりだから各法人も違法な朝礼を5年以上続けてきたのです。

これだけ大問題になっているのに、
今だに警察署で整列して朝礼をやって
指示を仰いでいる法人があるそうです。


どうしようもないですね。

警察は駐車監視員に直接指示を出せないんですよ。
駐車監視員も「それは統括責任者を通じて指示してください」
と警察に注意すべきなのです。

まあ、立場上無理でしょうけど。

このへんのところをいい加減にしていると、
こんどマスコミの取材班が襲撃するのは
あなたの警察署かもしれませんよ。

図にしてみるとこんな感じです。

111220









関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2011 | 04:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

いろいろ考えることの多い内容ですね。

| 500斬りクラブナンパ師!山中竜彦! | 2011/12/21 16:57 | URL |














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/601-95d7402c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...