元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

20分100円パーキング・メーター

11121401 11121402 11121403

12月19日(月)から都内24か所で
20分100円パーキング・メーターの運用がスタートします。

都内ではすでに4か所で運用しているのですが、
はじまったのは昨年か一昨年くらいからだったと思います。

今回は24か所ということで6倍の増設ですね。
この勢いからすると、今後は20分100円がトレンドに
なっていくのかもしれません。


気になるのはやはり、駐車監視員の取り締まり方ですね。
「60分300円」、「40分200円」の例からすると、
20分100円パーキング・メーターの場合、

未納(料金を投入しない)は、21分でアウト!
超過(制限時間オーバー)は、31分でアウト!


というやり方が予想されます。

ただし、いきなり21分あるいは31分で取り締まることはせずに、
1か月間くらいは、「ならし運転」ということで、
駐車違反の取り締まり自体は見送られるかもしれません。

その間に、ドライバーさんに慣れていただきたいですね。

なかには、60分300円パーキング・メーター路線の途中に
2枠だけとか、5枠だけ20分100円パーキング・メーターを
設置して運用をスタートするところもあるそうです。

そういうところは、例外的に、1ヶ月間は、
まわりの制限時間にあわせて60分まで待つそうです。
これも「ならし運転」ということですね。

それにしても、60分のところに一部だけ20分を設置するというのは
ちょっとズルいですね。
「ワナだ!」といわれてもしかたないかもしれません。


間違いなくトラブルが起こるでしょう。

※どんな取り締まり方になるにせよ、「20分以内」は厳守で!











関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ルール(東京) | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/598-6690649e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...