元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

結局、港区はシンテイが死守!

111007



平成24年度の警視庁港区(三田署・東京湾岸署)における
放置車両確認事務落札結果の詳細をゲットしました。

落札者は、シンテイ。
落札金額は、345,870,000円。


入札者氏名第1回 入札金額価格点評価点総合評価点
1シンテイ329,400,0005.341.046.3
2全協ビル管理組合(協)342,000,0004.036.640.6


結局、港区はシンテイが死守しました。
いろいろウワサが流れましたが、
とりあえず、シンテイの駐車監視員のみなさん、おめでとうございます。

港区3地区のうち、唯一単独ではなく、競争入札になったのが
この三田署・東京湾岸署地区です。

競争相手は、平成22年度から平成25年度までの3か年
荒川区エリアを受託している全協ビル管理組合(協)でした。

全協ビル管理組合(協)の評価点は低いですね。
このままでは、来年の入札でかなり苦戦することになりそうです。

しかも、荒川区だけしか受託していないので、
この荒川区をキープできなければ、東京都内において、
この業界から身を引くことになってしまいます。

ただ、全協ビル管理組合(協)が港区(三田署・東京湾岸署)エリアに
参入してきたこと自体は間違いではなかったと思います。
今回もシンテイの評価点は、41.0点で港区では最低点でした。
総合評価点も46.3点ということで、他の法人にも大いにチャンスがありました。

それなのに、シンテイは落札できたのです。
うーん、これは他の法人の戦略ミスだとしか言いようがないですね。
入札とは直接関係のない私のところにまで
「シンテイと競合したら必ず勝てる」という情報が入ってきていました。

港区ではどうして波乱が起きなかったのでしょう。
くどいようですが、謎です。






関連記事
スポンサーサイト

| 入札情報2011 | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/546-e2689bcb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...