元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

駐車監視員試験過去問から学ぶ駐禁ルール Vol.022

試験でココが出た!
(「ヒッケー」平成22年改訂版 P.42)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

【問題】
駐車監視員の駐禁取り締まりに関して
警察官等と異なる点を2つ答えなさい。

※平成20年・21年東京で出題
※○×式の本試験を松木流に改題
※「駐車監視員資格者必携(通称:ヒッケー)」
(東京法令出版)平成22年改訂版 に準拠

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

【解説】
駐車監視員は交通反則切符(青切符)を使って
反則告知することはできません。

ここで復習問題です。
反則告知と関係があるのは「運転者責任」
と「使用者責任」のどちらでしょうか?
もうおわかりですよね。

「今日はレッカー移動やりまーす」と
警察から言われた日だけレッカー移動を
実施します。

月に1、2回くらいのペースです。
レッカー移動されると駐禁の違反金だけでなく、
レッカー費用や車両の保管費用も上乗せされます。

さらに運転者が出頭しなければなりません。
車を返してもらえないからです。
つまり、違反点数も加算されてしまうのです。

ダブル、いや、トリプルパンチですね。

【正解】
①:運転者に対する反則告知はできない
②:レッカー移動の判断はできない
関連記事
スポンサーサイト

| 過去問から学ぶ駐禁ルール | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/457-1e931598

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...