元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

駐車監視員試験過去問から学ぶ駐禁ルール Vol.008

試験でココが出た!
(「ヒッケー」平成22年改訂版 P.32)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
【問題】
(  )内にあてはまる語句または数字を入れなさい。


放置違反金納付命令は、( A )であり、刑罰ではありませんが、
命令を受けた者には放置違反金を納付する義務が生じます。


※平成18年埼玉、20年・21年東京で出題
※○×式の本試験を松木流に改題
※「駐車監視員資格者必携(通称:ヒッケー)」
(東京法令出版)平成22年改訂版 に準拠

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

【解説】

運転者が出頭して告知を受けたら、
反則金を払わなければなりません。
反則金の納付をすっぽかしていると
裁判になります。

一方、運転者が出頭しない場合(使用者責任)は、
放置違反金を納付しなくても裁判にはなりません。
ですから、刑罰ではないのです。

では、放置違反金の納付をすっぽかすと
どうなるのでしょうか?
裁判にはならないからといって安心できませんよ。
詳しくはまた後日ご紹介いたします。


【今日のポイント】
青切符→反則金+違反点数(ダブルパンチ)
使用者責任→放置違反金のみ
※反則金と放置違反金は同額

【正解】
A:行政制裁
関連記事
スポンサーサイト

| 過去問から学ぶ駐禁ルール | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/431-85b6d506

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...