元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

駐車監視員試験過去問から学ぶ駐禁ルール Vol.006

試験でココが出た!
(「ヒッケー」平成22年改訂版 P.31)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
【問題】
(  )内にあてはまる語句を入れなさい。


車両の使用者は、通常、( A )に記載されている使用者がこれに当たり、多くの場合は車両の( B )と一致します。
〔( C )販売による車両、( D )車両などの場合、使用者と所有者が異なることがあります。〕。

※平成20年・21年東京で出題
※○×式の本試験を松木流に改題
※「駐車監視員資格者必携(通称:ヒッケー)」
(東京法令出版)平成22年改訂版 に準拠

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

【解説】
今回も前回(Vol.005)に引き続き、
「使用者」と「所有者」に関するテーマです。
くどいようですが、この用語をマスター
しないと、新型駐禁ルールを学ぶ際に苦戦
することになるでしょう。
是非、前回(Vol.005)と今回で慣れてください。

【ポイント】
使用者=運転者
所有者=車の持ち主


【正解】
A:自動車検査証
B:所有者
C:割賦
D:リース
関連記事
スポンサーサイト

| 過去問から学ぶ駐禁ルール | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/429-405d1ccf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...