元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

タイトルについて その1

以外に思われるかもしれませんが、
実は、著者は本のタイトルを決められないんです。
もちろん、村上春樹さんレベルの
超ベストセラー作家ならば
タイトルの決定権があるのでしょうけど、
一般的には、著者がタイトルを決めることはできないと
考えて間違いありません。

では、誰がタイトルを決めているのか?
それは、編集者です。
編集者は、「売れる」本づくりのプロです。
そしてタイトルは、その本の売れ行きに大きく影響します。
ですから、「売れる」タイトルかどうかを判断し
最終的にその本の名付けの親となるのは
編集者なのです。

「駐禁逃れ完全武装マニュアル」も
編集者が考えたタイトルです。
企画段階で、私が仮につけたタイトルは

「新型」駐禁ルールの真実

というものでした。
わたしはこの
「新型」駐禁ルールの真実というタイトルを意識しながら
本書を執筆したので、随所にその名残が
見当たります。

たとえば、まえがきです。
もうまえがきはご覧になっていただきましたか?
まだのかたはこちらで御一読ください→まえがき&目次
いかがですか、
まえがきの中には
「新型」という表現が何箇所か使われていますよね。
タイトルに「新型」というワードが
入ることを前提にしていたんですよ、じつは。

結構、インパクトがあるワードだと思ったんですけどね。
新型インフルエンザが流行して以来、
本のタイトルで、この「新型」というワードが
ちょっとしたブームになったんですよ。
それで、私も使ってみたいなと考えたわけです。
結局、このアイデアはボツになりました(笑)。

次回は、ボツになった私のタイトル案を
ご紹介いたします。

関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁逃れ完全武装マニュアル | 01:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、よろしくお願いします。

視力の悪い私には、
運転は向いてないかも!?
これからも、よろしくお願いします。
では、またです。

| テラゲン合格! | 2010/12/12 06:53 | URL |














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/235-ae3974f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...