FC2ブログ

元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

駐車監視員の方へ

現場復帰111日目です(通算勤務771回)。







090827





日勤の第1回目の巡回、つまり午前中の巡回時に


発見する放置車両のほとんどは「1」もしくは「4」ナンバーです。


そうです。貨物車だらけです。


取り締まりの8~9割が配送の車です。


3年前から始まった「新・駐禁ルール」は、


配送ドライバーにとって大打撃をもたらしています。








「仕事になんねえよ!」







駐車監視員松木和哉が、もしも配送ドライバーだったら・・・、


やはり、仕事になりませんね、この取り締まりの厳しさでは。


でも、配送業者の中にもそれなりに工夫をしているところもあります。


2名体制で配送して、そのうちの1名を車内に残して、


駐禁の見張り役にするという方法です。


この方法なら駐車違反の取り締まりは受けません。完璧です。


駐車監視員が扱うのは放置車両だけですので、


運転できる人が乗車している場合は、取り締まりません。


ただし、この方法は人件費がかかります。


飲料系の配送の場合、この2名体制を実施している場合が多いのです。


余裕のある企業はすごいですね。おしみなくお金をかけてきます。







工夫といえば、フロントガラスに「配達中です」というプレートが


置かれているシーンによく出くわします。


「5分でもどります」


でも、このプレートは完全に気休めにしかなりません。


駐車違反取り締まり対策の効果はゼロです。


松木和哉もこの手のプレートが掲示されている車に


いままで何百回と確認標章(駐禁ステッカー)を貼り付けてきました。


そして、これからも取り締まりをします。


「配達中です」プレートを出して安心しているドライバーさん!


気をつけてくださいね。










それでは無事故無違反、安全運転でいってらっしゃいませ


※迷惑駐車・違法駐車は絶対にやめましょう(2017年9月17日追記)


ENJOY YOUR DRIVE !


















★★★復帰111回目の結果★★★


駐禁ステッカー貼付→5件(2輪→1件、4輪→4件、累計735件)
警告・誤記→0件(累計75件)
中止→13件(累計953件)
道案内→2件(累計256件)
歩数→14,842(累計2,167,935歩)














今回はいかがでしたでしょうか?



もし楽しんでいただけたなら、



こちらのクリックをよろしくお願い致します
  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 駐車監視員日記 | 23:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

最低・・・・・ 

どう見ても駐禁取締を楽しみながら
やってるような気がします

弱者をいじめる仕事を楽しむ人がいるのもわかります 
世の中の悪人は 弱者をいじめるのが本来好きなのですから


ルールを守るという建前のもとに
行われてる実態は 
実質弱者いじめ 搾取 
それ以外の何物でもありません 

そして時代が変わり こういった弱者いじめが
恥ずかしい哀れな行いであるという認識が
普及する事を祈ります 

| 匿名希望 | 2009/08/31 12:44 | URL |

Re: タイトルなし

弱者いじめ・・・、ですか。今までも同じようなことを何度も言われてきました。
そうではないということを証明するためには、
駐車監視員が態度で示していかなければならないと考えております。

| 松木和哉 | 2009/09/01 05:29 | URL |














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/175-b22f2a5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。