元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

駐車監視員制度導入から10年、事故激減、対象地域拡大へ(兵庫)

09_201510090628376b5.png

駐車違反の取り締まりを民間に委託する「駐車監視員制度」の導入から10年が経過し、県内では駐車車両が関係する人身事故は8割近く減少した。違法駐車自体も3割減っており、県警は10月から対象地域を拡大する。


 制度は2006年6月施行の改正道路交通法で導入され、警備会社などの従業員が「みなし公務員」として活動する。市街地を巡回し、専用の端末を使って違反車両に標章を張り付ける。

 県内では06年に神戸市内で導入され、07年に阪神、姫路地区に拡大。現在は23署の管内で計112人が取り締まりに当たっている。

 県警によると、制度導入前の05年は駐車違反の取り締まり件数は約10万5300件。導入後の08年には約15万6400件に増加し、その後は年々減少。15年は約7万1700件だった。監視員による取り締まりは全体の64%で、警察官の負担減にもつながっている。

 また、駐車車両が関係する人身事故は15年が250件で、導入前の05年から78%減少した。10月からは、違法駐車が増えてきた有馬署▽三田署▽高砂署▽飾磨署−にも拡大し、県内の全49署中27署の管内で監視員が活動することになる。

 県警交通指導課は「監視員と協力しながら、少しでも駐車違反を減らしたい」としている。

※毎日新聞参照




そうです。駐車監視員は社会に大きく貢献してきたんです。
それなのに世間はムシケラ扱いです。
給料も待遇もヒドイ内容です。
優秀な人材が集まるわけがありません。

10年間訴え続けてきましたが、何一つ変わりません。
それどころか、悪化しています。
寂しいですね。




※中央の三角をクリックすれば動画がスタートします。







購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 


関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ルール(兵庫) | 15:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/1195-1dd0a7e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...