元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

駐車違反を注意だけで済ます警察官が増えている(ラジオライフより)

2016-09-04_00h54_14.png

ラジオライフさんのサイトで面白い記事をみつけました。

自動車警ら隊とは、警察署の管轄区域を越えてパトロールするいわゆる黒白パトカー。パトロールを主な任務とし、事件の捜査や指名手配犯の追跡なども行う一方、交通違反の取り締まりもするのです。しかし、駐車違反を注意だけで済ますケースが増えているといいます。

駐車違反の取り締まりが苦手な自ら隊

各道府県の警察本部で管轄区域を超えた全域をパトロールする自動車警ら隊、通称・自ら隊。事件の捜査や指名手配犯の追跡、交通違反の取り締まりなど、その守備範囲が広いのが特徴です。

元警察官によれば「自ら隊は青キップ1枚で1ポイントとか毎月のポイントで評価されます。案件によって点数は違います」とか。自ら隊はいわば何でも屋ともいえるでしょう。

しかし、そんな彼らには苦手なものがあります。それが駐車違反です。とはいえ、地方では駐車監視員のエリアは駅前だけの場合が多いもの。それ以外は警察官が取り締まることになっています。

駐車違反は点数は高くないのに複雑

「駐車違反は点数は高くないのに複雑で知識も必要。なので見逃がしてしまう警察官が多い」といいます。実際、駐車禁止区域は複雑なもの。ゆえに、駐車違反を見逃す警察官が増えたということです。

「駐車監視員制度から、道路交通法上の駐車禁止区域を正しく覚えている警察官も減ったのでしょう」と話します。駐車違反の知識が少ないため、注意だけの警察官が増えているようです。

なお、警視庁の自ら隊黒白パトカーの特徴は、赤色灯昇降装置とフロントガラス・天井・リアガラスにコールサインが入っていること。赤色灯昇降装置は、取調中などに追突されないように目印として上げるものです。




駐車違反の取り締まりは

難しい・点数低い・罰金安い

つまり、

面倒くさいんです。

だから、民間に委託して駐車監視員にやらせているんです。



※中央の三角をクリックすれば動画がスタートします。




購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 


関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2016 | 01:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/1190-b1614a4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...