元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

新型駐禁神マシンついにデビュー!駐禁取り締まりの歴史が変わる!

01_20160218134157f55.png

02_20160218134159810.png

03_20160218134200c30.png

04_20160218134201208.png

警視庁は、反則切符を素早く発行するなど、交通違反の取り締まりに使う交通携帯端末(=TAP)の運用を1月15日から始める。

 警視庁が15日から運用を始める交通携帯端末は、交通違反の取り締まりの際、端末にかざすだけで免許証の情報を読み取り、反則切符の発行などを素早く行うタブレット端末。これまで手書きで行っていた部分が電子化されることにより、発行の時間が約10分短縮できるという。また、読み取った情報をその場で印刷したり、盗難車を照合したりすることもでき、このような多機能を備えたタブレット端末の導入は全国で初めてだという。

 警視庁は、各警察署や交通機動隊などに4700台を配備する。

※日テレニュース24より




とんでもない駐禁マシンが登場しました。
この端末にカメラもプリンターも付いているところがスゴイ!
ということは、駐車監視員は2人もいらないということですよね。
1人でも取り締まりできちゃいます。

これは駐車監視員にとって死活問題ですよ。

ただでさえ駐車監視員は税金の無駄使いだなんて
誤解されているのですから、

「え?一人でも巡回できるなら経費削減のため人員削減すればいいのに」
などという世間からの声が大きくなるかもしれませんね。

本当にとんでもないものが開発されたのもです。
駐車監視員のみなさん、いつ失業するか心配ですよね。
お気の毒です。

駐車監視員制度10年の節目にこの仕打ち。
駐車監視員の待遇や社会的地位は上がるどころか
年々下がってきました。

そして、ついにエンディングの始まりですね。
元駐車監視員として悲しい限りです。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓





購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 


関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2016 | 13:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/1182-7c87a696

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...