元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

                

≫ EDIT

タッチしてお知らせ!駐車違反で捕まらなくなる......かもしれない新システム

2014-12-15_0718.png

まずは、新システムの紹介文からご覧ください。

クラウドファンディングサイト「indie gogo」に駐車違反の罰金を防いてくれるかもしれないアイテムが登場した。

 急いでいる時に限って駐車場がいっぱい。駐車禁止の標識が見当たらないからいいやと、クルマを停めておいたら、実はすぐ後ろに駐車禁止の標識が立っていて、違反きっぷを切られたり、レッカー車でクルマを持って行かれてしまった......。

 こうした万国共通のドライバーの心配事を解決してくれそうなのが、吸盤でフロントガラスに貼り付けるステッカータイプの表示デバイス「Tow stop」だ。

 使い方は、簡単。クルマから離れるときに、「PLEASE DO NOT TOW AWAY.TOUCH HERE(レッカー車で持って行かないで。ここをタッチして!)と書いてあるTow stopをフロントウインドウなどに貼り付けておく。駐車違反をチェックしに来た交通監視員がTow stopにタッチすると、車の持ち主に通知が行くとともに、Tow stopに「2分で戻ります」などあらかじめ設定したメッセージを表示される。クルマがレッカー移動されることを防ぐと同時に、取り締まる側にとっても、むやみにレッカー車を出動させる手間とコストを減らすことができるというわけだ。

 実用化すればドライバーにはありがたいシステムになりそうだが、違反を防ぐというよりは、取り締まって違反きっぷを切ることを重視していそうな警察と、駐車禁止区域とわかっていて駐車をする悪質なドライバーが少なくない日本では、導入はなかなか難しいかもしれない。




というシステム。
まあ、はっきりいって日本では何の効果もありませんね。
海外向けの情報でした。




最新の駐禁ルール情報をメールマガジンでゲットしてください!
登録はカンタン。メルアドを入力して「送信」ボタンを押すだけです。
もちろん、無料です!


関連記事
スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2014 | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/tb.php/1079-720cca21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...