元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

違法駐車対策も万全!自動運転バス 運行開始 ドイツで初めて

ドイツでは初めてとなる運転手無しで自動で走る自動運転バスが、南東部の町で運行を始めました。




自動運転バスの運行は、ドイツ鉄道がドイツ南東部の人口およそ6000人の町バート・ビルンバッハで25日から始めました。使用されているのはフランスのベンチャー企業が開発した小型電動バスで、ハンドルは無く、車体に設置されたセンサーで周囲の状況を検知するとともに、GPSを使って位置を確認しながら走行します。バスは、町の中心部と温泉施設を結ぶおよそ700メートルの距離を、時速15キロ以下で往復します。

路線は一般の車が走る公道も含まれているため、地元の自治体が特例として走行を認めたほか、駐車違反の車が道を塞いでいる場合など想定外の事態や緊急事態に備えて、職員が1人、常に乗車しています。ドイツ鉄道によりますと、公道での自動運転のバスや車の走行はドイツでは初めてだということです。運行初日の25日は、地元の人たちや湯治客らが早速バスを利用しました。

高齢の女性は「私は少し障害があるので、町の中心までバスで座って行けたらうれしいです」と話していました。

ドイツ鉄道は来年さらに路線を広げて利用者の反応などの検証を進める予定で、ルッツ社長は「将来、特に人口が少ない地域で、住民の移動手段の向上のために魅力的なサービスを提供できると確信している」と話していました。


自動運転 激しい開発競争

自動運転は、電気自動車と並んで自動車メーカー各社が激しい開発競争を繰り広げている分野です。自動ブレーキや自動で駐車できる機能などはすでに実用化されていて、現在世界のメーカーが開発を競うのは、さらにその先の緊急時以外はドライバーの操作が必要がない車や完全に無人で走る車です。自動運転の技術は、交通事故や渋滞を減らすだけでなく高齢者の移動手段の確保やドライバー不足などの社会問題の解決にもつながると期待されていて、25日報道陣に公開された東京モーターショーでも最新の技術が相次いで披露されました。

自動運転には、周囲の車の動きや道路の状況など膨大な情報を処理するAI=人工知能が不可欠で、自動車メーカー各社がIT企業との協力を加速させているほか、グーグルやアップルといった世界を代表するIT企業が自社での開発に乗り出しており、業界の垣根を越えた主導権争いが始まっています。

ただ実用化に向けては技術の確立だけでなく、自動運転の車に対応した道路インフラの整備や事故が起きた際に、だれが責任をとるかなど解決すべき課題が多くあり、広く普及するまでには時間がかかると見られています。




700メートルを時速15キロ・・・。
とはいえ、これは自動運転の大きな一歩だといえるでしょう。


スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2017 | 12:39 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。