FC2ブログ

元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

駐禁トラブル発生!パーキングメーター時間超過でスズキ スイフト SUZUKI SWIFT 渋谷の駐車監視員に怒られた!

01_201509160544058b0.png

02_20150916054405111.png

03_20150916054407fbd.png

04_201509160544108b5.png

05_20150916054411c66.png

06_2015091605444050a.png

07_201509160544410f4.png

渋谷のパーキングチケットは60分300円です。
60分を過ぎたら駐車違反ですのでご注意願います。

あと、間違いやすいのが、
チケットは必ず最初に購入してフロントガラスの内側から
みやすい位置に貼り付けてくださいね。

※三角をクリックすれば動画のスタートです↓




 





| 駐禁動画 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駐禁トラブル発生!弁当屋の前にとまっている弁当配送車をねらう駐車監視員に店員が激怒!

01_20150915064552e14.png

02_20150915064554d75.png

03_20150915064554828.png

04_20150915064556908.png

05_20150915064557908.png

06_20150915064610c76.png




お店の真ん前にとめているからといって
見逃してもらえるわけではありません。

駐車違反は駐車違反です。

でも、やられる側としてはたまったものではありません。

ドライバーとのバトルのつづきはコチラです↓





| 駐禁動画 | 06:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

衝撃の駐禁場面!銀座の駐車監視員がパーキングメーターで制限時間を過ぎているトヨタ ノア(TOYOTA NOAH)を見逃したのはなぜ?

01_20150911062019129.png

02_201509110620233b9.png

03_20150911062023de4.png

04_201509110620264a9.png

05_201509110620268f5.png

銀座のパーキングメーターは制限時間60分です。
66分ということはあきらかに時間超過です。
でも、実務上は取り締まりません。
なぜ?

例えば、制限速度時速60kmの道路で
時速61kmで走行している車を警察は取り締まりますか?

つまり、そういうことなのです。

もっと詳しく知りたい方は
誰も教えてくれない駐禁ルールの常識30
をご参照願います。

もしよろしければ、松木和哉の最新刊
駐禁モンスターの衝撃: 駐車監視員が嫌われる理由
もご覧くださいませ。


 

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓

| 駐禁動画 | 06:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駐車違反の取り締まり方法が大きく変わる? 交通反則切符、タブレットで=効率化、全国初12月から—警視庁

2013-08-14_2030.png

警視庁は12月から、交通違反取り締まりの際、免許証に埋め込まれたICチップの情報を自動的に読み取ることで、交通反則切符の発行などを迅速に行える「交通携帯端末(TAP)」の運用を始める。4700台を交番やパトカー、交通機動隊などに配備する。

 反則切符の自動印刷など多機能を備えたタブレット端末の導入は全国の警察で初めて。警視庁は「業務の効率化や取扱時間短縮につながる」と期待している。

 現在、反則切符は警察官が用紙に手書きして発行している。導入する端末は、免許証のICチップ部分をかざすと住所、氏名、免許証番号などを自動的に読み込み、反則切符を印刷できる。手書きより約10分、発行時間を短縮できるという。駐車違反を告知する標章の印刷や盗難車両の照会もできる

 端末は約780グラムで、印刷機能のほかに、カメラとフラッシュを搭載。撮影したナンバープレートを自動で読み込むこともできるという。 

[時事通信社]




え?これ、まじですか?
駐車違反を告知する標章の印刷や盗難車両の照会もできて、
印刷機能のほかに、カメラとフラッシュも搭載しているということは
この新型タブレットで駐禁の取り締まりをするということなのでしょうか?
だとしたら、駐車監視員制度10年目の大改革とうことになりますね。


※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓






| 駐禁ニュース2015 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

違法駐車パトカー写真投稿の女性、罰金取り消しに スペイン

150908.png

【8月28日 AFP】スペインで、違法駐車した警察車両の写真をフェイスブック(Facebook)に投稿した女性が「市民安全法(Citizens Security Law)」違反で800ユーロ(約11万円)の罰金を科された問題で、中央政府はこれを同法違反にあたらないとして女性の罰金処分を取り消した。

 女性は先月、南東部アリカンテ(Alicante)県ペトレル(Petrel)で障害者用の駐車スペースに止められている警察車両を撮影。強い言い回しでこれを批判するコメントとともに写真をフェイスブックに投稿した。

 一方、警察側は破壊行為が発生した近くの公園に急行するため必要な措置だったと主張。直ちに女性に対し、物議を醸している新法「市民安全法」違反の手続きをとった。

 市民らが「言論統制法」と呼ぶ同法は保安上の理由から警察画像の無断使用を禁じ、違反者には600ユーロ(約8万円)~3万ユーロ(約410万円)の罰金を科すという内容で、7月1日に発効したばかり。

 しかしアリカンテ県の中央政府代表部は警察側の申し立てを退け、女性への罰金処分を取り消した。代表部広報はAFPの取材に「市民安全法とは全く関係ない。車両の写真が公開されたにすぎない」と語った。

 「市民安全法」については、アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)などの人権団体や弁護士、ジャーナリスト団体が批判しており、中にはフランシスコ・フランコ(Francisco Franco)総統の独裁体制時代を想起させるとの非難もあるほどだ。(c)AFP





11万円は痛いですね。
この女性、取り消しになって安心していることでしょう。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓






| 駐禁ルール(スペイン) | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...