元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

駐車監視員のミス?駐禁除外標章があるのにSUBARU STIに確認標章を貼り付けたのはナゼ?

blog02.png

blog03.png

blog04.png

blog05.png

blog06.png

blog07.png

blog08.png

駐禁除外標章の有効期限がきれていました。
優秀な駐車監視員だったので見逃しませんでした。

私が知る限り、除外標章の有効期限を1つ1つ確認する駐車監視員は
ごくごく少数です。
もちろん、警察からは確認するように指示されているのですが、
おろそかにしてしまいがちなのです。

この2人の駐車監視員は、とても真面目で仕事が丁寧でした。
素晴らしい確認事務だと思います。
レベルが高いですね。
お見事でした。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓






※コチラの動画もどうぞ↓




スポンサーサイト

| 駐禁動画 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駐禁裏技!パーキング・メーターは48分無料でとめても駐車監視員は駐禁で取り締まれません!

2015-04-25_0520ブログ

まじめに料金を払っているひとが損をする
不思議なシステムですよね

パーキング・メーターって。


※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓

| 駐禁動画 | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座で駐禁研修中の新人駐車監視員がレンタカーを狙う

ブログ用

春は新入社員の季節ですね。
駐車監視員も新人さんがどっと入社しております。

公平公正な取り締まりをよろしくお願いいたします。

がんばれ!新人さん!
教官もね。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓


※コチラの動画もどうぞ↓

| 駐禁動画 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

放置駐車違反金 コンビニ活用で納付率アップ 兵庫県

2013-12-05_0553.png

兵庫県が昨年6月、全国で初めて導入した放置駐車違反金のコンビニ納付システムが奏功している。夜間でも納付できるようになり、導入後の半年間の納付率は前年同期比で7ポイント上昇。他府県でも導入の動きが広がっており、県警は「利便性向上と徴収強化で“逃げ得”をなくす」としている。(初鹿野俊)

 駐車違反をめぐっては、道交法改正で2006年から「放置違反金制度」がスタート。違反した運転手が反則金を払わない場合、車検証記載の所有者に違反金が課される。応じないと資産の差し押さえや車両の使用制限ができるようになった。

 しかし、違反金の滞納者は後を絶たず、昨年の道交法改正で従来の金融機関に加え、コンビニ納付も可能となった。県警はコンビニ各社とシステムを構築し、施行と同時に導入した。

 県警によると、導入後の昨年7月~12月末で、所有者らに送付した仮納付書数に対する納付件数の割合は80%。前年同期の73%から7ポイント上昇した。納付された違反金3万210件のうち、82%の2万4754件がコンビニを利用。うち62%が、多くの金融機関の窓口業務が行われていない午後3時~翌日午前9時や休日の納付だったという。

 県警は放置違反金制度の開始以降、100億9千万円(昨年6月末現在)を徴収。一方で未納金は延滞金を含めて4億9千万円(同)に上っている。

 コンビニ納付は今年2~4月に京都府と千葉県が導入。東京都や大阪府なども準備を進めている

※神戸新聞NEXTより




「コンビニでも払えるんだ」というノリで
滞納者は減ると思いますよ。
特に東京ではものすごく効果的でしょうね。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓




※こちらもどうぞ↓


| 駐禁ルール(兵庫) | 06:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誤った駐禁納付書850件送付 「金額おかしい」で判明 愛知県警

2014-06-08_0650.png

愛知県警交通指導課は13日、県内で駐車違反の取り締まりを受けた個人や法人などの違反者に誤った金額を記載した違反金納付書を852件送付していたと発表した。

同課によると、3月下旬に更新した納付書作成プログラムにミスがあったのが原因。送付先には正しい内容の納付書とおわびの文書を送るとともに、正規より多く納付した違反者には還付手続きを取る。

誤った内容の納付書が送付されたのは、駐車違反の取り締まりを受けた少なくとも9都府県の違反者。本来は1万5千円とすべき普通乗用車の違反金を大型自動車の2万1千円と記載するなどしていた。違反金額は正しいが、駐車違反していた時間を誤記載した納付書も250件送っていた。

署員や駐車監視員が入力するデータを処理する同課のプログラムに不備があった。「金額がおかしいのではないか」との問い合わせがあり、判明した。

※産経ニュースより




所詮、人間が作ったプログラムですから不備があるのはしかたありません。
でも、その不備を人間が最終チェックしなければならないはずです。

信頼を失うのは一瞬ですが、
信頼を回復するのは長い年月が必要です。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓





| 駐禁ルール(愛知) | 04:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...