元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

月間最多取締件数は5月!(2011年の駐禁はこんなだった!・その3)

2011年月別取締件数グラフ

< 前回(その2)からのつづき >

放置駐車取締り全体の88%を占める上位10都道府県の取締件数を、月別にすると、放置駐車取締りの傾向が見えてくる。

東京都(警視庁)、神奈川県など首都圏では3月以降、むしろ取締り件数が増加する傾向にあった。特に東京都は、1月の取締り(3万2281件)がいちばん少なく、「年初来高値」を更新しながら、11月に4万7037件とその年の最多を記録した。この数字は全国的にみても月別の最多だ。

しかし、西に目を移すと、首都圏とは違って、前半に取締りが多く、後半になるほど少なくなる傾向があった。愛知県の最多取締り月は3月(1万6523件)、大阪府も同様に3月(3万5731件)、京都府は1月(7562件)だった。福岡県もピークは4月(8839件)だった。北海道の場合は1年を通して平均的に取締りが行われる傾向にあった。

2011年の放置駐車の取締りは、東日本大震災という未曾有の災害を受け、例年とは違った傾向も見せた。

被災地である東北地方では、取締り件数が20~30%減少している。その中でも被災直後の2か月間の落ち込みが激しい。顕著なのは宮城県だ。同県では1か月に1000件以上の取締りが行われているが、震災後の4月の取締りは0件、5月も96件だった。その後は通常の取締件数に戻っている。福島県も、4月は42件、5月は149件と大幅に落ち込んだ。こうした傾向は、他の東北地方(青森県、岩手県山形県)のほか栃木県、群馬県でも見られた。

47都道府県全体では、ほぼ毎月16万~17万件の取締りが平均的に行われ、年間194万件の確認標章取付件数となっている。月別で取締り件数が最多だったのは5月(17万5451件)、最少だったのは2月(14万4389件)だった。2月は、全国的に取締り件数が若干減少する傾向が見られた。
※警察庁情報公開資料より





松木和哉の「言わせてもらってもいいですか」

2011年の最多は5月だったんですね。
東日本大震災の直後であるにもかかわらず、5月が最多というのは意外でした。
みなさんの予想は当たりましたか?

全国的に年末に向けて件数が減少していったようです。これも意外ですね。
全国トップになった東京だけが11月に最多件数を記録したことからもわかるように、
年間の件数を伸ばすためには、やはり年末の件数が重要になってくるようです。

次回は「2011年のバイクの取り締まりの実態」についてご報告いたします。

こちらのお勧め記事はいかがでしょうか
 ■ 放置駐車取締り、194万件 (2011年の駐禁はこんなだった!・その1)
 ■ 2011年は東京都がトップ!(2011年の駐禁はこんなだった!・その2)
 ■ 月間最多取締件数は5月!(2011年の駐禁はこんなだった!・その3)


「駐車監視員は見た!」取扱い店舗を見つける方法は → コチラ






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2012 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年は東京都がトップ!(2011年の駐禁はこんなだった!・その2)

12033001

< 前回(その1)からのつづき >
都道府県別にみると、年間で最も多くの取締りが行われたのは東京都(警視庁)の50万1039件、逆に最も少なかったのは、山梨県の450件だった。東京都と山梨県の格差は1113倍で、四輪車と二輪車の車種に関わらず、駐車問題が偏在していることを伺わせる。

取締りが多かった10都道府県は、東京都、大阪府、神奈川県、愛知県、兵庫県、埼玉県、千葉県、福岡県、京都府、北海道と続き、大都市を抱える場所で多くの取締りが行われている。上位10都道府県の取締件数は合計で170万3718件で、全国の88パーセントを占めた。また上位3都県だけで100万件を超えた
※警察庁情報公開請求資料より


2011年都道府県別確認標章取付件数ランキング
順位都道府県2011年2010年
1位東京都50万1,03935万1,885
2位大阪府34万0,60035万4,437
3位神奈川県19万6,94522万8,362
4位愛知県16万1,84319万3,581
5位兵庫県10万9,40613万3,543
6位埼玉県9万4,6089万3,840
7位千葉県9万1,74611万0,389
8位福岡県7万3,0508万4,259
9位京都府7万2,7647万2,016
10位北海道6万2,1176万5,009





松木和哉の「言わせてもらってもいいですか」
2010年は大阪府が全国トップでした。
2011年は昨年2位の東京都が1位に返り咲きました。
上位10都道府県中、件数が増加したのは東京都だけです。

それにしても、東京都はよくぞ15万件も増加しましたね。
これは驚愕の数字だと思いますよ。

なぜなら、2011年から東京都では新型携帯端末が導入され、
最短でも「3分」経たないと確認標章が印刷されないという
「件数アップ」には非常に不利なシステムになったからです。

それ以前までは、1分でも印刷することができました。
それが、3分になったのです。
2分も余計に時間をかけていたら、ドライバーは戻ってきてしまいますよ。
ただでさえ、最近のドライバーは駐禁の取り締まりをすごく警戒しているんです。

しかも、東日本大震災の影響は東京都にも及びました。
特に、震災直後の3月から5月くらいまでは、交通量が激減したのです。

このような状況で、駐禁取り締まり件数を15万件も増やしたことは
奇跡に近いことだと思えてなりません。

東京都の駐車監視員のみなさん!おめでとうございました。
そしてご苦労様でした。
大阪府の駐車監視員のみなさん!今年はリベンジしてください!

それでは、2011年で取り締まり件数が1番多かったのは
何月でしょう?こたえは次回(2011年の駐禁はこんなだった!・その3)
でご紹介いたします。

こちらのお勧め記事はいかがでしょうか
 ■ 放置駐車取締り、194万件 (2011年の駐禁はこんなだった!・その1)
 ■ 新型携帯端末機・その1
 ■ 新型携帯端末機・その2
 ■ 新型携帯端末機・その3
 ■ 新型携帯端末機・その4
 ■ 新型携帯端末機・その5
 ■ 新型携帯端末機・その6

「駐車監視員は見た!」取扱い店舗を見つける方法は → コチラ






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 駐禁ニュース2012 | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

放置駐車取締り、194万件 (2011年の駐禁はこんなだった!・その1)

12020329

2011年における全国の放置車両確認標章の取付件数は、四輪車と二輪車の全車両あわせて194万3439件だった。東日本大震災による被害が各地に及んだこともあり、対前年比で4万1866件減少した。警察庁への情報公開請求の結果わかった。




松木和哉の「言わせてもらってもいいですか?」
東日本大震災の影響もあるかもしれませんが、もともと駐車違反の取り締まり件数は、2006(平成18年)新制度スタート以来、激減しています。
それなのに、2011年はある地域だけ取り締まり件数が急増しました。驚くべき増加数です。これは尋常ではありません。もちろん、2011年第1位です。さて、どの都道府県だと思いますか?

次回(2011年の駐禁はこんなだった・その2)は2011年取り締まり件数ランキングTOP10を発表いたします。








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 駐禁ニュース2012 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

偽造された「除外標章」を使用して逮捕

12032801

12032802

偽造された駐車禁止除外標章を使用した男3人を逮捕

愛知県警は13日、身体障害者などに愛知県公安委員会が警察を通して交付している「駐車禁止除外標章」を偽造し、駐車監視員の業務を妨害したとして、名古屋市内に在住する男3人を偽計業務妨害容疑で逮捕した。

愛知県警・交通指導課によると、逮捕された3人は2011年12月から2012年1月までの間、名古屋市中区錦や、同区大須などの繁華街でクルマを路上駐車した際、駐車違反の取り締りから逃れるため、ダッシュボード上に偽造した駐車禁止除外標章を提示。取り締りを行う駐車監視員の確認事務を妨害した疑いがもたれている。

逮捕されたうちの1人が標章の掲出を忘れて駐車違反の取り締りを受けたが、その取り消しを求めて警察に標章を持参。この際の番号照会で偽造されたものと発覚した。

「中区内では除外標章を掲げたクルマが多い」という駐車監視員からの情報へ得て捜査を進めたところ、2車両に掲示されているのを発見。このクルマの所有者も含めて13日までに3人を逮捕した。

詳細は明らかにされていないが、3人が使っていた標章はそれぞれ別の方法で偽造されており、色合いなども異なっていた。逮捕された3人にも面識が無かったという。

警察では複数の偽造グループが存在するものとみて、逮捕した3人を厳しく追及。入手ルートの解明を進めていく方針だ。

〔 2012年3月16日(金) 06時00分 レスポンス 〕





【 松木和哉のコメント 】
「ついに出たか!」
駐車監視員のみなさんは、そう感じたのではないでしょうか。
「駐車禁止除外標章」を掲示すれば基本的に駐車違反にはなりません。
一定の条件をクリアすれば身体障害者や報道機関、緊急往診の車両に
発行されます。

この除外標章が最近ますます増えてきています。
「これ、本当に身体障害者が使用しているの?」
と首をかしげたくなるような、明らかにおかしい車も増えています。

はっきりいって駐車監視員には、その除外標章が本物かニセモノか
見分けることができません。


そもそも除外標章の書式が都道府県ごとに違います。
何十種類もの書式をすべて覚えることなどできるわけがありません。

「カラーコピーかな?」と疑わしい場合でも
「こんなものかな」と妥協してしまうことも少なくありません。
だって、見分け方がわからないんですから。

それどころか、除外標章をじっくりチェックしている駐車監視員って
結構いないんですよ。めんどうくさがって、そばまで行かないんです。
有効期限すらチェックしない人もいます。

完全に駐車監視員失格です。

偽造グループを撲滅するためには、駐車監視員の力が必要です。
みなさん、期待していますよ。よろしく頼みます

駐車禁止除外標章に関する過去記事
 ■ 駐車禁止除外指定車
 ■ 除外車両とレッドゾーン
 ■ 除外車両は無料です
 ■ 有効期限
 ■ そこまでやるの?(除外車両なのにアウト)

「駐車監視員は見た!」取扱い店舗を見つける方法は → コチラ





| 駐禁ニュース2012 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「放置違反金」の放置ダメ!(北海道警察)

12032701
(確認標章と放置違反金納付書)





「放置違反金」放置ダメ 道警 滞納者の車差し押さえ(03/13 15:30)

 駐車違反の反則金を払わないドライバーに代わり、自動車の所有者が納付する「放置違反金」の滞納者対策で、道警駐車対策センターは13日、放置違反金約6万円(延滞金を含む)を滞納していたとして、札幌市北区の男性(29)が所有する乗用車1台を、国税徴収法に基づき差し押さえた。2006年6月の放置違反金制度の導入後、道警による車の差し押さえは初めて。
<北海道新聞3月13日夕刊掲載>





【 松木流辛口コメント 】
全国的に放置違反金滞納者対策として「差し押さえ」が流行しています。
埼玉県警は違反者の「生命保険」まで差し押さえました。
宮城県警は差し押さえた車やバイクを、なんとネットオークションに
かけてしまうという荒技を実行にうつしました。

警察の「怒り」と「気合」を感じます。

でも、新駐禁制度がスタートしてから約6年。
6年たってようやくですか。
対応が遅すぎます。

放置違反金滞納に関する記事です。コチラも参照願います。
 ■ 「車検拒否制度」
 ■ 「放置違反金、未納6億円!」
 ■ 「駐車違反の車をネットオークション」
 ■ 駐車違反金滞納者の生命保険を差し押さえ







| 駐禁ニュース2012 | 05:22 | comments:0 | trackbacks:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...