元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011年もありがとうございました。

11123101
11123102
※  コレ、もちろん私ではありません。


2011年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年はみなさまからたくさんのアクセスをいただきました。
心から感謝しております。

念願のメールマガジンも発行させていただくことができ、
充実した1年でした。

ただ1つ残念だったのが、「3年連続出版」という夢を
実現できなかったことです。
サラリーマンをやりながらの執筆活動は想像以上にタフな
作業です。

ブログの更新、メールマガジンの配信、原稿作成……。
どれも楽しく楽しくてしかたがないのですが、
いかにせん、時間が無い

本当は、もっともっと取材もしたいんですよね。
できれば、日本全国まわりたいです。
この目で駐車監視員の仕事ぶりを確認したいんですよ。

でも、時間もお金もないです

遅れに遅れている出版第3作目の原稿がようやく80%完成しました。
来年早々には、各出版社に企画書を売り込む予定です。

処女作「となりの駐車監視員」(太田出版)とも
2作目「駐禁逃れ完全武装マニュアル」(メタモル出版)とも
違うテイストの作品に仕上がりそうです。

2012年春出版!を目指して頑張ります。

最後に1つお知らせです。
来年からブログのタイトルを変更する予定です。
これで2回目の変更になります。
ご了承くださいませ。

それでは、よいお年をお迎えください。








スポンサーサイト

| お知らせ | 07:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

募集終了!アネシスは登録受付中!

09101702



11月27日(日)・11月28日(月)の2日間、
読売新聞で人材募集をおこなったアネシスの
募集状況の情報が入りました。

新聞掲載から1ヶ月経ったので、
募集状況を電話で問い合わせてみることにしました。

すると…。

結果は、「募集終了!」でした。

やはり、中央区(久松・中央)エリアを落札できなかったのは痛いですね。
江戸川区を新規で受託しましたが、いってこいでチャラ。
いや、中央区のほうが規模が大きいので、事業規模はややマイナスです。

採用担当のかたのお話では、現在「登録受付中」とのこと。
登録しておけば、退職者や採用のキャンセルがでたときに、
繰り上げ採用になるそうです。
いわゆる「補欠」ですね。
順番まちですので、必ず繰り上げになる保証はありませんし、
いつ繰り上げ採用になるかもわかりません。

そして、アネシスの採用条件について気になる質問をぶつけてみました。

ズバリ「経験者は採用しないのか?」

採用担当者の返答はこうでした。
「当社の条件を加味して総合的に評価することによって決めさせていただいております」

何をいっているのかよくわかりませんでしたが、
要するに、明言は避けたということです。
経験者は採用しないとは言っていませんでしたが、
採用すると言わなかったことを考えると、
ウワサ通り、経験者の採用にあまり積極的ではないのでしょう。

「いやいや、もちろん経験者を採用しますよ」と
すぐに否定しないところがあやしいですよね。

アネシスに限らず、経験者は採用しないのが
最近の傾向です。
どんな職種でも、通常は経験者を優遇しますよね。
でも、駐車監視員の場合は別です。

レベルの低い法人で、手を抜くことばかり覚えた
駐車監視員は嫌われるのです。
不適切な方法で強引に取り締まる駐車監視員も
必要ありません。
ただでさえ駐車監視員は高齢者が多いので、
転職先の方針に柔軟に切り替えることができにくいようです。


未経験者は、変な色に染まっていないので、
法人としては、未経験者を歓迎しているのでしょう。

「アネシスの求人情報」バックナンバーはコチラです。
 「アネシスが駐車監視員を募集中!」
 「アネシスはまだ募集中」

平成24年度警視庁管内入札結果(後期分)速報はコチラです。

平成24年度警視庁管内入札結果(前期分)の解説です。
 江戸川区(アネシス)
 台東区(テイケイ)
 新宿区1(テイケイ)
 新宿区2(ジェイ・エス・エス)
 千代田区(セノン)
 港区1(シンテイ)
 港区2(シンテイ)
 港区3(シンテイ)








| 求人情報(アネシス) | 05:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

品川区はテイケイ! セノン惜敗!

品川区の発表の前に、まずは私の予想を復習してみてください。
  結果をより楽しめると思います。

  品川区の予想・その1
  品川区の予想・その2
  品川区の予想・その3


09101701

平成24年度の警視庁品川区(品川署・大井署・大崎署・荏原署)における
放置車両確認事務落札結果の詳細情報をゲットしました。

落札者は、 テイケイ
落札金額は、449,305,920円。



入札者氏名第1回 入札金額価格点評価点総合評価点
 1テイケイ427,910,4008.941.250.1
 2セノン463,320,0006.343.449.9



王者テイケイがついに本領発揮。
といいたいところですが、評価点が41.2。
これは、低すぎます。

テイケイの勝因は入札金額を低く設定したところにあります。
これは、本来はセノンの必勝パターンです。

セノンは品川区を初年度から受託し続けてきました。
そこに油断が生まれたのかもしれません。

セノンとテイケイの総合評価点の差は、なんと「0.2」!!
これは、中央区(久松・中央)エリアで
アネシスがシンテイに「0.1」ポイント差で負けたときに次いで
僅差の結果となりました。

いつもは入札金額を低く設定するセノンも
ちょっと欲が出たのかもしれません。

ここでちょっと面白い現象に気が付きました。

平成24年度は、シンテイが江戸川区をアネシスに奪われたのですが、
逆にアネシスは、中央区(久松・中央)をシンテイに奪われました。

同じく、テイケイは千代田区(麹町・神田)をセノンに奪われたのですが、
逆にセノンは、品川区をテイケイに奪われたのです。

これは何を意味するのでしょうか?

波乱があったところは、ただたんに交換しただけだとも言えます。
これは、まさかデキレースではないですよね?
そんなことまで勘ぐってしまいます。


波乱があったところで、交換がなかったのは
新宿区(牛込・四谷)エリアをジェイ・エス・エスが落札したケースです。

そう考えてみると、今回の競争入札は、
ジェイ・エス・エスの一人勝ちという結果に終わったといえるでしょう。


平成24年度警視庁管内(後期分)の開示結果&解説です。
 中央区(中央・久松)
 中央区(築地・月島)
 文京区
 渋谷区(渋谷)
 渋谷区(原宿・代々木)

平成24年度警視庁管内入札結果(後期分)速報はコチラです。

平成24年度警視庁管内入札結果(前期分)の解説です。
 江戸川区(アネシス)
 台東区(テイケイ)
 新宿区1(テイケイ)
 新宿区2(ジェイ・エス・エス)
 千代田区(セノン)
 港区1(シンテイ)
 港区2(シンテイ)
 港区3(シンテイ)












| 入札情報2011 | 06:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駐車違反金滞納者の生命保険を差し押さえ

091018


駐車違反金滞納者の生命保険を差し押さえ 埼玉県公安委員会

産経新聞 12月16日(金)18時25分配信

 長期間にわたり複数の駐車違反金を納付しなかったとして、埼玉県公安委員会は16日までに、日高市の男性(46)が契約する生命保険を差し押さえた。滞納金は延滞加算を含めて計5万円で、来年2月上旬ごろまでに納付されない場合は、保険を強制的に解約し、滞納金相当額を徴収する。県警によると、駐車違反金徴収のために生命保険を差し押さえるのは関東管区警察局管内(東京を除く関東6県を含む10県)では初めてという。

 県警交通指導課によると、男性は平成18年12月と19年2月の2回にわたり、川越市内の路上で自分名義の乗用車を違法駐車し、県警に検挙された。しかし、違反金を納付しなかったため、県警は19年1月から今年4月までの間、文書や電話による催促や督促を計12回実施。それでも男性は納付しなかったため、今月9日付で男性名義の生命保険を差し押さえた。

 交通指導課によると、男性名義の銀行口座などを調べたが、滞納金を徴収するだけの残高がないことや、車も廃棄処分されていたことなどから、生命保険を差し押さえた。同課では「長期間や複数にわたって違反金納付命令を無視するなどの悪質な滞納者については、今後も逃げ得を許さないという厳しい姿勢で臨む」としている。





新駐禁ルールでは、放置違反金を滞納していると、
車検を受けられなくなってしまいます(車検拒否制度)。
でも、車検拒否だけでは効果があがらないようですね。

放置違反金の滞納額はどんどん膨れ上がっているようです。
「車検拒否くらいなら、まあいいか。車検の時にまた考えよう」
「車検がとおらないなら、いい機会だから廃車にしよう」

このくらいにしか考えていない違反者がけっこういます。

記事の日高市の男性は、約4年間、計12回もの催促・督促に
応じなかったそうです。
そして、生命保険が差し押さえられました。
でも、銀行口座に滞納金5万円の残高もないのに、
生命保険の契約はしていたというのも、不思議ですね。

その生命保険の契約を見つけた警察もすごい。
「逃げ得撲滅」の必死さが伝わってきますね。
先日は、違反者の車をネットオークションにかけるという
荒技も披露してくれました。

次は何が差し押さえの対象になるのでしょう。
そのうち、年金も狙われるかもしれませんね。


関連記事です。こちらもどうぞ。

 ・「車検拒否制度」
 ・「放置違反金、未納6億円!」
 ・「駐車違反の車をネットオークション」









| 駐禁ニュース2011 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駐車監視員が警察からノルマを課せられた!?

まずはコチラの動画をご覧ください。



「あれ?これって先月、新聞記事に出てたよね」

そう思われたひとは、駐禁情報に敏感なひとです。

そうです。
「警視庁板橋署の警察官が駐車監視員にノルマを課していた」
という記事が11月22日の東京新聞朝刊に掲載されました。

その記事もご紹介しておきます。




【駐車監視員にノルマ 警視庁 板橋署員が指示】 


 駐車違反を取り締まる民間の駐車監視員に取り締まり目標を設定させた行為は、労働者派遣法に抵触する恐れがあるとして、警視庁が厚生労働省東京労働局から是正指導を受けていたことが、同庁などへの取材で分かった。同庁幹部は「誠に遺憾なことで、関連法規についてまとめた説明書を全署に配布するなど、再発防止を指示した」としている。


 警視庁によると、昨年十一月、板橋署の交通担当の係長が朝礼で、駐車監視員の男性(51)らに、取り締まりの目標件数を述べさせ、目標達成の報告をさせていた。


 男性によると、係長は外来者にも見える署一階のフロアで朝礼を開き、目標を達成できなかった監視員に「大きく手を挙げてください」と指示。「違反車両が無いなら無いなりにどうにかできなければ。プロなのだから」などと言ったという。


 東京労働局は、朝礼での係長の行為は、請負契約の発注者(警視庁)が請負労働者(駐車監視員)に直接、指揮命令することを禁じた労働者派遣法に抵触する恐れがあると判断したもようだ。


 厚労省によると、警察が駐車監視員に指示を伝えたい場合、受託会社に依頼して駐車監視員への指示を出してもらわなければならない。


 男性は、昨年十二月、東京労働局に申告。同局は板橋署への立ち入り検査を実施し、今年五月十七日、警視庁に是正指導した。


 指導を受けて警視庁は、説明書を配布するとともに、六月、受託会社向けの業務マニュアルから「駐車監視員は、特異な事案の発生その他の事情により警察官から指示を受けたときは、必ずこれに従わなければならない」といった記述など、警察が監視員に指揮命令できるとする趣旨の記載を削除した。

(東京新聞 2011年11月22日 朝刊)




駐車監視員にノルマはありますよ。
でも、それは駐車監視員が在籍する会社が課すものです。

駐車監視員が在籍する会社は警察からノルマを課せられます。

警察→会社→駐車監視員

この順序なら問題ありません。
しかし、板橋署ではこの順序を無視していたようですね。

板橋署だけではないのではないでしょうか。

駐車監視員は巡回前に警察署に出頭して、
必ず朝礼を行います。

このとき、交通課交通執行係の
主任あるいは係長から指示があります。

私は最初から「このやり方はおかしいなあ」と思っていました。
警察は「請負契約」の意味を全く理解していません。
警察のいいなりだから各法人も違法な朝礼を5年以上続けてきたのです。

これだけ大問題になっているのに、
今だに警察署で整列して朝礼をやって
指示を仰いでいる法人があるそうです。


どうしようもないですね。

警察は駐車監視員に直接指示を出せないんですよ。
駐車監視員も「それは統括責任者を通じて指示してください」
と警察に注意すべきなのです。

まあ、立場上無理でしょうけど。

このへんのところをいい加減にしていると、
こんどマスコミの取材班が襲撃するのは
あなたの警察署かもしれませんよ。

図にしてみるとこんな感じです。

111220









| 駐禁ニュース2011 | 04:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...