元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

松木和哉の駐禁ニュース2011 第1号

いよいよゴールデンウィークがスタートしました。
10連休というひともいるそうです。
うらやましい限りですね。

震災の影響で、今年は旅行を自粛するムードが
高まっているそうです。
ということは、近場で手軽に楽しむという
人が多いということでしょうか。
もしかしたら、
連休中、都内は結構渋滞するかもしれませんね。

ゴールデンウィーク中も
もちろん、駐車監視員は営業中です。
楽しい思い出が
悲しい結末にならないように、
是非、
となりの駐車監視員
駐禁逃れ完全武装マニュアル―もう違反金なんて払わない!
で予習しておいてください。

この2冊を読んでおけば
駐車違反でつかまることは
まず無いでしょう。

駐禁逃れ完全武装マニュアル―もう違反金なんて払わない!駐禁逃れ完全武装マニュアル―もう違反金なんて払わない!
(2010/12)
松木 和哉

商品詳細を見る


となりの駐車監視員となりの駐車監視員
(2009/03/19)
松木 和哉

商品詳細を見る






スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2011 | 00:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成24年度入札予想 第4・5地区編 その3

(前回からのつづき)

世田谷地区において、シンテイ警備はまさに「地区分割の法則」
の罠にまんまとハマった格好になりました。
第4・第5地区も平成21年度から
分割されたことを考えると
またもやシンテイ警備は
どちらか落札できないことが
あるのでしょうか。

私の予想では、世田谷地区の失敗は、
第4・第5地区の入札には
ほぼ影響しないと考えています。
初年度のコアズのケースは稀で、
最近では、1つの地区を奪われる
ことはあっても、それがきっかけで
総崩れしてしまう
ようなことはありません。

波乱でも起きない限り
シンテイ警備で決まりでしょう。

<第4・第5地区予想>
シンテイ警備





| 入札情報2011 | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成24年度入札予想 第4・5地区編 その2

(前回からのつづき)

コアズがずっこけた後、
平成19年度から平成23年度まで
この港地区を受託し続けているのが
シンテイ警備です。
シンテイ警備は初年度から
参入している老舗です。
しかも、ただたんにキャリアを
積んでいるだけではありません。

平成18年度:計1地区
平成19年度:計2地区
平成20年度:計4地区
平成21年度:計5地区
平成22年度:計6地区
平成23年度:計6地区

このように年々着実に
受託地区数を延ばし続けて、
現在都内で第2位の座に着いています。
シンテイ警備に不安材料は
ほとんど無いといえるでしょう。

強いてあげれば、
平成21年度に世田谷地区
(世田谷・北沢・玉川・成城)
が分割され、平成22年度の
入札で、シンテイ警備は
世田谷・北沢を死守したものの
玉川・成城をジェイ・エス・エスに
奪われてしまったという
経歴があります。
このときは、シンテイ警備の内部で
ゴタゴタがあったという情報が
入ってきています。

(次回につづく)

| 入札情報2011 | 11:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成24年度入札予想 第4・5地区編 その1

第4地区と第5地区はいっしょに
予想させていただきます。

第4地区と第5地区はもともと
「港地区」と呼ばれ、
1つの地区でした。
港区内の6警察署
愛宕
三田
高輪
東京水上(現在は東京湾岸)
麻布
赤坂
の管轄エリアを担当していました。

このマンモス地区を初年度に
受託したのはコアズでした。
コアズは初年度にこの港地区を含め
都内で3地区13警察署の
管轄エリアを受託する
最大手の法人でした。

ところが!

この最大手が次年度の入札で、
受託していた全3地区を
落札できないという失態を
演じてしまったのです。

初年度にコアズの内部で何が
あったのかは、業界関係者の間では
あまりにも有名なので、
ここではあえて触れませんが、
あのようなことが起きて
しまったことは残念で
なりません。

(次回につづく)





| 入札情報2011 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2回 松木和哉の駐禁FAQ

今日、駐車監視員が「福島」ナンバーの車を
駐車違反で取り締まっていました。
避難してきた車も駐車違反になるんですか?





3月11日に震災が起きてから
1週間くらいは、東北のナンバーがついた車に
ついては、駐車違反の取り締まりをするまえに
警察に一報を入れて、取り締まるかどうかを
確認するように指示があったようです。

しかし、1ヶ月以上が経過した現在では、
たとえ東北ナンバーの車であっても
通常どおり、取り締まりをおこないます。

もしも、本当に東北から避難してきたのに
駐車違反の取り締まりをうけてしまったのなら
すぐに最寄の警察署に出頭して
正直に事情を説明することをおすすめします。

確約はできませんが、
かなり高い確率で違反を取り消してもらえることが
期待できるでしょう。


| 駐禁FAQ | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...