元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[駐禁]駐車違反でベン・アフレックが1杯6,000円のコーヒーを飲むことになった!

2013-11-22_0608.png

ベン・アフレックとジェニファー・ガーナー夫妻が
コーヒーを買いにスターバックスを訪れたが、
ちょっと高くついてしまったようだ。

近くに駐車スペースが見つからなかったため、
ベンたちは愛車のレクサスを駐車禁止区域に駐車し、店内へ。
二人が店内に入っている間に5分以上が過ぎ、
停車ではなく駐車と判断した警察官に違反切符を切られ、
ベンたちは58ドル(約5,800円)の罰金を支払うことになってしまったと
TMZ.comは報じている。(1ドル100円計算)

ベンは店から出てきたときに警察官がいることに気が付いているようだったが、
焦ることもなく車に戻り、ワイパーに挟まれた違反切符を取らずに、
その場から走り去っている。

※[シネマトゥデイ芸能ニュース]より





ハリウッドで大活躍のベン・アフレック。
彼は俳優でもあり、最近では監督としても
その才能を発揮。

特に彼の作品『アルゴ』は必見!
緊張感あふれるストーリーにのめりこむこと
間違いなしです。

基本的に私がおススメする映画は、
「時間が短く感じる」ものしか選びません。
そうです。
ついつい時間を忘れてしまうくらい
面白い映画だけをご紹介します。

でも、駐禁のブログなので、
滅多に紹介できないとは思いますが(笑)

ベン・アフレック監督・出演映画『アルゴ』は
こちらでチェックしてみてください!







スポンサーサイト

| 駐禁ニュース2013 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[駐禁]ヒラリー・クリントン前国務長官をロンドンの駐車監視員が駐車違反で取り締まった!

2013-10-19_0731.png

【10月17日 AFP】次期米大統領候補とも噂されるヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官だが、そんなことはロンドン(London)の駐車監視員には何の意味もなさないようだ。監視員はクリントン氏の駐車違反を見逃さず、80ポンド(約1万2600円)の罰金を科した。

 クリントン氏は前週、国務長官時代に「米外交の新たな時代を切り開いた」としてロンドンの王立国際問題研究所(チャタムハウス、Chatham House)からの表彰を受けるため、ロンドンを訪れていた。

 授賞式に主席するため、ロンドン市内の会場近くに車を1時間ほど駐車した際、クリントン氏の側近が3.3ポンド(約520円)の駐車券を購入し忘れ、80ポンドの罰金支払い請求通知が張り付けられていたという。

 ロンドンのウェストミンスター特別区(Westminster City Council)当局者によれば、クリントン氏の車両は45分も無賃で路上駐車していた。同当局者は「国際社会で地位がある人物であろうと、我々は全ての人を対等に扱わなければならない。このことは、クリントン氏も理解してくれるはずだ」と語っている。

 ただクリントン氏にとっては朗報もある。罰金を14日以内に支払えば、罰金は80ポンドから半額の40ポンド(約6300円)に減額されるという。(c)AFP





このロンドンの駐車監視員は
もしも、取り締まる前にクリントンさんの車だと
知っていたら、取り締まったのでしょうか?

これだけの要人の車両が取り締まりを受けるということは
日本では絶対にありえないですね。
事前に警察に「取り締まりをしないように」と
命令されますから。

日本の駐車監視員は単独で判断なんてできないですよ、こういう場合。





| 駐禁ニュース2013 | 07:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[駐禁]死んだ義父の名で駐禁除外章交付受けた容疑の男を逮捕(埼玉県川口)

2013-10-19_0703.png

埼玉県警公安2課と川口署は17日、同県川口市新井町、職業不詳深山俊之容疑者(50)を詐欺容疑で逮捕した。
 発表によると、深山容疑者は2011年1月14日、川口署交通課の窓口で、10年10月に死亡した義父の名前を使って駐車禁止除外指定車標章を申請し、交付を受けた疑い。
 義父の身体障害者手帳を持参し、代理申請をしたという。深山容疑者は「日常生活で必要だった」と供述しているという。

(2013年10月18日12時22分 読売新聞)






除外標章の「偽造」はいままでもたくさんありましたが、
「詐欺」は私の知る限り初めてのケースです。

「日常生活で必要だった」というのは
どういうことのなのでしょう?

ただ単に駐禁逃れに使っていたのなら
悪質ですね。



| 駐禁ニュース2013 | 07:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[駐禁]駐車禁止標識を間違って設置しちゃった!!(兵庫県警)

2013-10-12_0604.png

兵庫県警は11日、明石市相生町2の市道で約2年間、兵庫県公安委員会の決定がないにも関わらず駐車禁止標識(終日)を設置し、この標識に基づいて取り締まりをしていた、と発表した。この間、70人が放置違反金など計108万6千円を納め、うち14人は反則点数を減点されていた。県警は今後、違反金などの返還や点数を元に戻す手続きを進め、個別に謝罪するという。

 県警交通規制課によると、現場は片側1車線の市道約360メートル。2011年、歩道の改良工事に合わせ、両側の時間制限駐車区間規制(パーキングチケット)が廃止された。

 その際、当時の明石署交通課員の男性巡査部長(62歳=定年退職)が、パーキングチケットが廃止された区間に、既に同委員会の決定を受けた駐車禁止規制がかかっていると誤認。県警交通規制課に新たな規制を申告しないまま、同年10月1日から同署が駐車禁止標識を9カ所に設置していたという。

 今年9月、同署交通課員の確認作業で誤りが発覚。駐車違反の取り締まり件数は72件70人だった。同25日付で同委員会の決定を受け、現在は駐車禁止区間になっている。県警交通規制課の枡田教利次席は「今後、このようなことがないよう、指導を徹底したい」とコメントした。


※神戸新聞NEXTより




なんで勝手に駐禁標識を設置しちゃったのでしょう。
ありえないですね。

警察の不祥事が起きるたびに
このブログで書いていることがあります。

それは、

警察官も人間だからミスもするでしょう。
許されるミスもあれば、許されないミスもある。
そんなことよりも、一番重要なのは、
そのミスによって失った信用を取り返すことに
最善を尽くさなければならないことです。



| 駐禁ニュース2013 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[駐禁]駐車監視員に暴行した中国人の男が現行犯で逮捕された(千葉県)

2013-10-12_0545.png
※この画像は当該事件とは関係ありません。

駐車禁止の取り締まり中だった駐車監視員の男性(60)に暴行したとして、千葉中央署は9日、公務執行妨害の現行犯で、中国籍で自称会社員、梁延海容疑者(41)=千葉市中央区問屋町=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、9日午後6時ごろ、同区富士見の路上で、自分の車が駐車違反の取り締まりを受けたことに立腹し、男性を1回蹴って暴行したとしている。

※産経ニュースより





駐車監視員に対する暴行のニュースは久しぶりですね。
2,3年前は頻繁に取り上げられていたのですが、
最近はまったく報道されませんでした。

駐車監視員への公務執行妨害がたくさんありすぎて
ニュースとしての面白みがなくなったからなのか。

あるいは、公務執行妨害事案の件数自体が減少して
きているためなのか。

いずれにせよ、駐車監視員のみなさん、
お体をたいせつにしてください。

そして、ドライバーのみなさん、
駐車監視員に対する暴力・暴言は
やめましょう。



| 駐禁ニュース2013 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...