元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

[駐禁]駐車監視員が絶滅する日

2012-12-18_1241.png

 SA州アデレードで、駐車区域の駐車時間超過を自動検出し、罰金通告を自動的に発送する新技術の試験実施を行うことが発表された。

 この自動化システムは、アデレード市域西部と北西部を擁するチャールズ・スタート・カウンシルが実施するもので、ワイヤレス・センサー、カメラ、駐車スペース使用状況を監視するソフトウエア、違反車所有者に違反罰金通告を自動的に郵送するシステムなどで構成されている。センサーは、駐車スペースの車の出入りの時刻を記録し、システムがナンバープレートのビデオと照合して違反者のリストを作成する。このシステムでは、違反通告をフロント・ウィンドウ・ワイパーに挟むことも、駐車違反監視員とのトラブルもなくなる。

 このシステムの開発者、電子エンジニアリング博士コース卒業者のイェガ・バラクリシュナン氏は、「駐車スペースの利用効率を高めることができるようになると思う」と語り、「当然ながら苦情を言う人も出るだろうが、これで市内の駐車スペースにもう少し余裕ができるならいいことだ。現行システムでは駐車違反監視員が見て回っているが、すべての駐車スペースに監視員を配置することはできない。この電子装置なら一度設置すればずっと使え、四六時中監視できる」と語っている。(NP)

【松木和哉の辛口トーク!】
オーストラリアでのニュースです。
韓国ではすでに導入されています。

もしも日本で導入されたら・・・、

間違いなく駐車監視員の大リストラが
実施されることになるでしょう。




スポンサーサイト

| 駐禁ルール(オーストラリア) | 13:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[駐禁]駐車監視員VSミスター・クランプ

2012-08-05_1520.png

海外駐禁ニュースです。

オーストラリアでは駐車監視員の強敵が出現したそうです。
その名も「ミスター・クランプ」
彼は、なんと駐禁でつかまった車の車輪止めを破壊してしまうそうです。
依頼に対する謝礼は日本円で1万円。

でも、これ、もちろん違法です。
警察にみつかったら即逮捕。

何のためにこんなことしているんでしょうね。

詳しい内容はコチラの記事を参照ねがいます。


| 駐禁ルール(オーストラリア) | 00:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...