元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

差し押さえ、保険解約、給与差し押さえ・・・駐車違反「逃げ得」許さない (兵庫県警)

2016-11-07_05h00_14.png

2016-11-07_05h02_08.png

駐車違反をした運転者が反則金を支払わない場合に、車両の所有者に違反金を科す「放置違反金制度」。2006年6月に始まり、今年3月までの約10年間に納付された違反金は全国で2166億円、兵庫でも118億円に上る。滞納を続ける所有者対策として警察側もあの手この手で“逃げ得”を阻止。張り込みで勤務先を割り出し、給与を差し押さえるなど、兵庫県警による強制徴収は1万件を超える。

 違反金制度は、駐車違反をした運転者が警察に出頭せずに反則金を納めなければ、車検証上の使用者(所有者)に違反金(普通車で最高1万8千円)が科される。未納が続けば、督促手続きを経て財産の差し押さえもできる。

 当初は未払いも多く、制度開始から約3年が過ぎた09年3月には未納件数が3万3千件、滞納額も4億9千万円にまで膨らんだ。そこで県警は約60人態勢の専従班を設けて徴収を強化。滞納者の自宅を訪問して請求する一方、再三の督促に応じないケースには差し押さえを進めてきた。

 対象となる財産の有無は厳密にチェックする。県警交通指導課によると、例えば建設会社を経営する男性に対しては、取引先から後日支払われる予定だった売掛金を差し押さえた。すると男性は一転、「取引先の信用を失いたくない」と、60件分の違反金計150万円(延滞金を含む)を一括納付した。

 ほかに複数の金融機関に照会を掛けて探し出した預金口座を差し押さえたり、本人の生命保険を県警が解約して返戻金を徴収したりしたケースも。警察官が滞納者の行動を追跡して勤務先を突き止め、給与の差し押さえにつなげたこともあるという。

 同課によると、15年度末までに累積で83万件123億円の違反金を請求し、79万件118億円(96%)が納付された。強制徴収したのは、今年8月末時点で1万159件(延滞金含め1億9千万円)という。徴収された違反金は県の歳入となり、駐車監視員の業務を委託している民間会社への費用などに充てられる。

 同課は「出頭して反則金を支払った人と不公平が生じないよう、引き続き厳しく対処したい」としている。

 【放置違反金】駐車違反の運転者による反則金の未払いを防ぐため、車両の所有者に納付が義務付けられた。納付しなくても罰則はないが、車検が拒否される。兵庫県では納付率向上を図るため、金融機関窓口に加えて、2014年6月から全国に先駆けてコンビニでの納付を可能にした。15年度の納付5万7千件のうち、84%がコンビニ納付だった。

※神戸新聞参照




生命保険の解約や給与の差し押さえ・・・
何だか血生臭いですね。




おすすめの駐禁動画です。
中央の三角をクリックすれば動画がスタートします。
もしよろしければ、ご感想を動画のコメント欄(YouTube)に投稿してください。
大変励みになりますし、是非、今後の動画制作の参考にさせてください。






購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 


スポンサーサイト

| 駐禁ルール(兵庫) | 05:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駐車監視員制度導入から10年、事故激減、対象地域拡大へ(兵庫)

09_201510090628376b5.png

駐車違反の取り締まりを民間に委託する「駐車監視員制度」の導入から10年が経過し、県内では駐車車両が関係する人身事故は8割近く減少した。違法駐車自体も3割減っており、県警は10月から対象地域を拡大する。


 制度は2006年6月施行の改正道路交通法で導入され、警備会社などの従業員が「みなし公務員」として活動する。市街地を巡回し、専用の端末を使って違反車両に標章を張り付ける。

 県内では06年に神戸市内で導入され、07年に阪神、姫路地区に拡大。現在は23署の管内で計112人が取り締まりに当たっている。

 県警によると、制度導入前の05年は駐車違反の取り締まり件数は約10万5300件。導入後の08年には約15万6400件に増加し、その後は年々減少。15年は約7万1700件だった。監視員による取り締まりは全体の64%で、警察官の負担減にもつながっている。

 また、駐車車両が関係する人身事故は15年が250件で、導入前の05年から78%減少した。10月からは、違法駐車が増えてきた有馬署▽三田署▽高砂署▽飾磨署−にも拡大し、県内の全49署中27署の管内で監視員が活動することになる。

 県警交通指導課は「監視員と協力しながら、少しでも駐車違反を減らしたい」としている。

※毎日新聞参照




そうです。駐車監視員は社会に大きく貢献してきたんです。
それなのに世間はムシケラ扱いです。
給料も待遇もヒドイ内容です。
優秀な人材が集まるわけがありません。

10年間訴え続けてきましたが、何一つ変わりません。
それどころか、悪化しています。
寂しいですね。




※中央の三角をクリックすれば動画がスタートします。







購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 


| 駐禁ルール(兵庫) | 15:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

放置違反金と延滞金、73万円を滞納男性の乗用車を差し押さえた(兵庫県)

04_201507100616300dd.png

違法駐車の放置違反金を納めない悪質な滞納者に対し、県警が財産の差し押さえなどの徴収策を強化している。昨年は、再三の督促に応じない滞納者の預貯金、計約4200万円を差し押さえた。今年4月からは給与や生命保険の掛け金からの徴収も進めており、「逃げ得を許さない」と厳しい姿勢で臨む。

 放置違反金は、駐車違反をしたドライバーが特定できない場合などに、車の所有者に違反金を課す制度。普通乗用車なら1万数千円が請求される。違法駐車対策の一環で2006年に導入されたが、滞納が後を絶たない。

県警は昨年、コンビニエンスストアで納付できる制度も導入したが、未納は今年3月末現在で2万件、計3億1500万円に上る。近年は、書面などで何度も納付を促しても応じなかったり、預金を隠したりする悪質なケースが増えているという。

 このため、県警は滞納者の財産を調査し、強制的に徴収する対策を進めている。昨年の差し押さえ総額は約4200万円に上り、前年より約20%増加。今年4月からは、勤務先に連絡して給与を差し押さえたり、生命保険の掛け金から徴収したり、さまざまな手段を講じている。

 今月7日には、放置違反金と延滞金、計約73万円を滞納していた神戸市の男性(40)の乗用車を差し押さえた。男性は07〜13年に28件の駐車違反をしたが、違反金を納めたのは2件分のみで、再三の催促にも応じなかった。県税も滞納していたため、県警は県税事務所と合同で男性の車の前輪をロック。男性は半月後に全額を支払い、解除された。

 県警は4月以降、悪質な滞納者24人から、計約1100万円を差し押さえた。県警交通指導課の担当者は「今後もあらゆる手段を駆使して回収を進めたい」と話している。

※毎日新聞より




ひょえー!!
違反金が3億円以上も未納ですって。
しかも兵庫県だけで。
払った者がバカをみる制度ですね。
なんとかしなきゃだめですよ。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓



 

| 駐禁ルール(兵庫) | 06:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

放置駐車違反金 コンビニ活用で納付率アップ 兵庫県

2013-12-05_0553.png

兵庫県が昨年6月、全国で初めて導入した放置駐車違反金のコンビニ納付システムが奏功している。夜間でも納付できるようになり、導入後の半年間の納付率は前年同期比で7ポイント上昇。他府県でも導入の動きが広がっており、県警は「利便性向上と徴収強化で“逃げ得”をなくす」としている。(初鹿野俊)

 駐車違反をめぐっては、道交法改正で2006年から「放置違反金制度」がスタート。違反した運転手が反則金を払わない場合、車検証記載の所有者に違反金が課される。応じないと資産の差し押さえや車両の使用制限ができるようになった。

 しかし、違反金の滞納者は後を絶たず、昨年の道交法改正で従来の金融機関に加え、コンビニ納付も可能となった。県警はコンビニ各社とシステムを構築し、施行と同時に導入した。

 県警によると、導入後の昨年7月~12月末で、所有者らに送付した仮納付書数に対する納付件数の割合は80%。前年同期の73%から7ポイント上昇した。納付された違反金3万210件のうち、82%の2万4754件がコンビニを利用。うち62%が、多くの金融機関の窓口業務が行われていない午後3時~翌日午前9時や休日の納付だったという。

 県警は放置違反金制度の開始以降、100億9千万円(昨年6月末現在)を徴収。一方で未納金は延滞金を含めて4億9千万円(同)に上っている。

 コンビニ納付は今年2~4月に京都府と千葉県が導入。東京都や大阪府なども準備を進めている

※神戸新聞NEXTより




「コンビニでも払えるんだ」というノリで
滞納者は減ると思いますよ。
特に東京ではものすごく効果的でしょうね。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓




※こちらもどうぞ↓


| 駐禁ルール(兵庫) | 06:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「駐禁除外標章」の不正使用が急増 兵庫県内

2014-08-10_0635.png

2014-08-10_0636.png

身体障害者らが、路上などに駐車することを許可する「駐車禁止除外指定車標章」を不正に使った駐車違反が急増していることが、兵庫県警への取材で分かった。今年は兵庫県内の取り締まり件数が6月末時点で141件に上り、昨年1年間の167件に迫るペースで推移している。


 違反が集中しているのは、三宮や元町など県内最大の繁華街を抱える生田署の管内。昨年、県警が取り締まった167件のうち100件が同署管内だった。

 同署によると、大半は正しく使用されているが、標章の交付を受けた障害者らの家族が、自分の買い物や飲食の際に利用するケースが目立つ。

 母親が介護施設で寝たきりの生活を送っているという女性は、取り締まりの署員に対し「母親の買い物に来た」と主張。しかし、実際に母親は同乗していなかった。標章を掲示していても一般のドライバーと変わらず、反則切符を切られた。

 また、自営業の女性は、自分の店の近くで少しずつ駐車場所を変えて署員の目を逃れようとしていたが、3回の取り締まりを受けた。業務に使用していた可能性がある。中には、標章に記入されている登録番号を荷物で見えないように隠し、誰が使っているかを分からないようにする悪質なドライバーも後を絶たないという。

 通常の駐車違反と同じで、普通車の場合1万~1万5千円の反則金が科せられる。交通渋滞を引き起こしたり、救急車などの緊急車両の走行を妨げたりすることもある。同署の中村貴志交通課長は「障害者らの利便性を考えて交付しており、適正に使ってほしい」としている。

 社会福祉法人「神戸市身体障害者団体連合会」の池内正理事長(69)は「障害者にとって標章は生活の一部。不正だと分かっていて使用するのは問題だ」と憤る。同署は今後、取り締まりの強化も検討している。


【駐車禁止除外指定車標章】 介護や通院などで利用することを想定し、都道府県公安委員会が身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳などをもとに判断し交付。交差点から5メートル以内やトンネルを除くなどの細かな条件があるが、交付された本人が乗り、車外からも確認できる場所に標章を掲示していれば、駐車禁止区間でも駐車できる。兵庫県内では約5万5千人(2013年末現在)に交付。




本人が運転しなくてもいいけど
本人が乗っていないとだめですよ。


最新の駐禁ルール情報をメールマガジンでゲットしてください!
登録はカンタン。メルアドを入力して「送信」ボタンを押すだけです。
もちろん、無料です!


| 駐禁ルール(兵庫) | 06:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...