元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英国の学生が作った「駐禁キップ取消し出願」サイトで3万人が罰金ナシに

00_201601010641441e7.png

18才の大学生が作った、駐禁キップの取消しを政府に出願できるサイトが、予想外の成果を上げている。

取消願いを無料で市に送付

英国ロンドン出身の大学生ジョシュア・ブロウダーさんが今年8月に開設したサイト「DoNotPay」は、駐禁キップの取消しを求める正式な請願書を自動生成し、ロンドン市にメールしてくれるサイトだ。料金は無料。

もともとはブロウダーさん自身が、ロンドン市内で立て続けに30もの駐禁キップを切られたことがきっかけで始めた半分趣味のようなサイトだが、開設4カ月後、8万6,000人以上が利用し、市議会に正式な請願書を送ったという。

3万人が違反取消し、罰金ナシに

サイトでは、違反取消しを訴えるのに効果的な「理由」を12の中から選べるようになっている。利用者がどれかを選ぶと、電子請願書が自動生成され、それを訴えるのにふさわしい市の部署にメールされるようになっている。

これまでサイトから誓願を行なった8万6,000人のうち、約40%にあたる3万人の誓願が認められ、違反は取消し、罰金はナシとなった。

少数の友だちのために作ったはずが

現在は米国カリフォルニアのスタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスを学ぶ彼は、海外メディアの取材を受けて次のように言う。

「あのサイト(DoNotPay)にそんな大きなインパクトがあったとは、驚きました。僕があれを開設した時は、親戚や友人などほんの少数の人たちの助けになればいいな、と思っただけでした。何万人もの違反取消しに役立つとは、思ってもみませんでした」
出典元:How this guy can help you get out of paying parking fines - Metro(12.29)
出典元:Appeal parking tickets in 30 seconds with free website - The Telegraph(9.3)



この青年は天才ですね。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓




購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 

スポンサーサイト

| 駐禁ルール(イギリス) | 06:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手押し車に“駐車違反”切符、職務熱心すぎる? 駐車監視員が話題

2015-06-13手押し車

英リーズで目撃された、職務熱心すぎる? 駐車監視員が話題を呼んでいる。

先日、あるTwitterユーザーが道を歩いてると、路上に止められた手押し車(猫車)を真剣な表情で見ている駐車監視員がいた。手押し車には道路を舗装するための床スラブが載せられており、何らかの工事用と考えられるが、監視員はそれに違反のステッカーを添付。これに驚いた投稿者は写真を撮り、SNSなどに掲載すると、その味わい深さが話題を呼ぶことになった。

英紙ミラーがこの話題を伝えると、これは「英国特有のジョークではないか」「すぐに撤去できるだろうに(笑)」といったコメントが寄せられ、さらにリーズ市議会の広報はこの写真に対して「本当に起きたことなのかどうか定かではないが、もし本当ならこの監視員は少しだけ仕事に熱心であることの表れかと思います」と声明を発表した。

ネットではこれは冗談であるという見解が多く、「ナンバープレートもないし、どうやっても罰金を取ることは出来なさそうだね」「冗談だろう。冗談でなければならない」といった意見もあるが、「法は法だ」「救急車両などを妨げる可能性もあるからね」と厳しい反応もチラホラ見られるようだ。

※ナリナリドットコムより




写真を見る限り、ジョークじゃなさそうですね。駐車監視員さんも真面目そうだし。
最近、日本国内では駐禁の件数が激減して、駐車監視員がかなり暇になっているそうなので
手押し車の駐禁取り締まりが認められれば少しは駐車監視員の仕事が増えるかも?!
あ、でも手押し車が路上に放置されていることってそうそうないですよね。
そう考えると、やっぱりこの画像はやらせかしら?
皆さんはどう思いますか?

※三角をクリックすれば動画のスタートです↓



| 駐禁ルール(イギリス) | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[駐禁]駐車違反切符220枚、罰金270万円を滞納した人物の車が、役所に没収される!(イギリス)

2013-07-07_0719.png

220枚もの違反駐車切符をため込んだ人物が、
ついに車を没収された。
未払いの罰金総額は、
実に18000ポンド(約270万円)にも達していた。

プジョー306の持ち主は、罰金の支払いを滞納し、
役所や執行官が何度も持ち主と連絡を取ろうとしたが
、さっぱり連絡が取れなかった。
そこで業を煮やしたポーツマス市の役所職員は
強硬手段に出たのだ。

それでも尚、車の持ち主が連絡を寄越さず、
罰金を支払わらない場合には、没収された車は破壊される。

「これは極端なケースです。
車の待ち主が露骨に我々の連絡を無視したために、
車を没収するという必要な措置を講じたのです。
これに加えて、債務を回収するために、
我々は法的措置を進める方針です。」

と職員のジョンソンさんは話している。
どうやら、罰金が払えない、
あるいは払いたくなく車の持ち主は、
役所からの連絡を無視し続けていたようだ。

役所の駐車管理マネージャーも、

「この車の持ち主が抱えた駐車違反切符の数はつまり、
他のすべての道路利用者に対する敬意の欠如を示しています。
ですので、この駐車違反の常習犯に対して、
強制的な行動を起こしました。」
と述べている。

確かに、これだけの駐車違反切符を切られているということは、
よくある「運悪く切符を切られた」訳ではなく、
何度も何度もも車を停めてはいけない場所に車を停めて、
他の道路利用者に迷惑を掛けていたということだろう。

果たして、車の所有者は罰金を全額支払い、
車を取り戻すことができるだろうか。





これだけ違反を故意に繰り返してしまったら
車を取り戻したくても取り戻せないでしょうね。

おそらく、取り戻す気もないでしょう。





| 駐禁ルール(イギリス) | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[駐禁]ロンドン発!時給8ポンドで駐禁から逃れる方法!



英国で白いバン(日本でいう「ワンボックス車」)という と、配管工事など、日本では工務店が請け負う仕事や、配 達などを行う人たちが好んで乗る車とされている。こうし た仕事に従事する、いわゆる「white van man」が忌み嫌 うもの、それは駐禁キップを切る交通監視員(Traffic warden)。駐車禁止区域にちょっと車を止め、用を済ま せて車に戻った時に監視員の姿を見つけるや、血圧がたち まち上昇―という人も多いことだろう。このたび、運転手 たちの怒りや悲哀に彩られた、この駐禁問題を一気に解決 するアイディアが披露され話題となっている。「メトロ」 紙が伝えた。 駐禁キップから逃れるその方法とは、見張り役(van sitter)を雇って常時助手席に座らせておくこと。運転手 が車を離れて配達や他の作業などをしている間に、もしも 監視員が来たら、助手は即座に運転席に移動し、エンジン をかけて発車、周辺をぐるぐると回って戻ってくるという 仕組み。 これで最高120ポンドの罰金から完璧に逃れることがで きる。ちなみに助手に支払われる賃金は時給8ポンド。 このアイディアを思いつき、実践しているのは住宅メンテ ナンス業界大手の「Aspect.co.uk」社。同社はこのシステ ム導入後、これまで月に6000ポンドほど支払っていた罰 金がほぼなくなったという。それどころか助手として16歳 から24歳までの若者を雇い入れることで、失業率の低下に も貢献しているとご満悦。 代表のウィル・デイビス氏は「我々にとっても、若者たち にとってもいい話だ。ウェストミンスター区内でテストし てみて上々だったので、これからはロンドン全域に広げる つもりだ」と熱く語っている。 これに対し駐禁の罰金収入が減ることとなるウェストミン スターの地元議会は「ばかげた発想だ」と不快感をあらわ にしているという。

| 駐禁ルール(イギリス) | 12:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[駐禁]世界最小の自動車しか駐車違反で取り締まれない道路をイギリスで見つけた!



イギリスに、意味不明の道路標示が出現。
ウィルトシャー州スウィンドンにあるニューヒル・ストリートの路上に、市から派遣された職員によって、黄色い2本線が引かれました。

イギリスの交通ルールで黄色い2本線は、『一時停止 はOKだが、駐車は禁止』という意味です。

だがニューヒル・トリートは、幅がたった1.2mしかない細~い道。
駐車禁止ラインなんて引かなくても、こんなところに誰も駐車しません。
そもそも、軽自動車でも車幅は1.4mはあるで、ここに車を乗り入れることすら不可能。

そんなこと、道路を見ればすぐに分りそうなものなのに、職員はニューヒル・ストリートの全長18mすべて に、黄色い2本線を引いてしまったのです。

なみに、世界で一番小さい車Peel P50は車幅が1m と少ししかないので、なんとかこの道を通れるそうです。
世界 最小車限定の駐車禁止線ということなら通用するが、
そんな車でも、わざわざこの道を選んで走ったりはしないでしょうね。


| 駐禁ルール(イギリス) | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...