元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英国の学生が作った「駐禁キップ取消し出願」サイトで3万人が罰金ナシに

00_201601010641441e7.png

18才の大学生が作った、駐禁キップの取消しを政府に出願できるサイトが、予想外の成果を上げている。

取消願いを無料で市に送付

英国ロンドン出身の大学生ジョシュア・ブロウダーさんが今年8月に開設したサイト「DoNotPay」は、駐禁キップの取消しを求める正式な請願書を自動生成し、ロンドン市にメールしてくれるサイトだ。料金は無料。

もともとはブロウダーさん自身が、ロンドン市内で立て続けに30もの駐禁キップを切られたことがきっかけで始めた半分趣味のようなサイトだが、開設4カ月後、8万6,000人以上が利用し、市議会に正式な請願書を送ったという。

3万人が違反取消し、罰金ナシに

サイトでは、違反取消しを訴えるのに効果的な「理由」を12の中から選べるようになっている。利用者がどれかを選ぶと、電子請願書が自動生成され、それを訴えるのにふさわしい市の部署にメールされるようになっている。

これまでサイトから誓願を行なった8万6,000人のうち、約40%にあたる3万人の誓願が認められ、違反は取消し、罰金はナシとなった。

少数の友だちのために作ったはずが

現在は米国カリフォルニアのスタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスを学ぶ彼は、海外メディアの取材を受けて次のように言う。

「あのサイト(DoNotPay)にそんな大きなインパクトがあったとは、驚きました。僕があれを開設した時は、親戚や友人などほんの少数の人たちの助けになればいいな、と思っただけでした。何万人もの違反取消しに役立つとは、思ってもみませんでした」
出典元:How this guy can help you get out of paying parking fines - Metro(12.29)
出典元:Appeal parking tickets in 30 seconds with free website - The Telegraph(9.3)



この青年は天才ですね。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓




購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 

スポンサーサイト

| 駐禁ルール(イギリス) | 06:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駐禁を取られたと思ったら、思わぬメッセージが! (ワシントン)

01_2015110905280740d.png

02_20151109052809042.png

Redditor Jargoglerによると、アメリカ ワシントン州シアトルに駐車してあった車の窓に、駐車禁止の違反キップの代わりに、こんなメッセージが残されていたそうだ。

─私のことを知らないと思うけど、今朝あなたの隣に車を駐車した者です。車に戻ったら、あなたの車のフロントガラスに駐車禁止のチケットがありました。私は今日、すごく良い日を過ごしたから、あなたの代わりに罰金を払ってきました。このお返しは、他の誰かにしてあげてください─




こんなことがあったら、本当にラッキーですけど
まず、ありえませんね。
特に、日本では絶対にありえません。

海外では、たまにこういうことって実際に起きているみたいですね。
でも、日本ではぜったにありえません。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓


| 駐禁ルール(アメリカ) | 05:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

駐車違反の取り締まりと戦うアプリ、サービス停止に追い込まれる

151104.png

1104-01.png

1104-02.png




9000円もかかるなら、
やってもやらなくても同じに思えますが…。

アメリカの駐禁違反金は相当高いということですね。

何はともあれ日本では絶対にありえないシステムです。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓



メルマガ購読・解除


 

| 駐禁ルール(アメリカ) | 12:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

違法駐車パトカー写真投稿の女性、罰金取り消しに スペイン

150908.png

【8月28日 AFP】スペインで、違法駐車した警察車両の写真をフェイスブック(Facebook)に投稿した女性が「市民安全法(Citizens Security Law)」違反で800ユーロ(約11万円)の罰金を科された問題で、中央政府はこれを同法違反にあたらないとして女性の罰金処分を取り消した。

 女性は先月、南東部アリカンテ(Alicante)県ペトレル(Petrel)で障害者用の駐車スペースに止められている警察車両を撮影。強い言い回しでこれを批判するコメントとともに写真をフェイスブックに投稿した。

 一方、警察側は破壊行為が発生した近くの公園に急行するため必要な措置だったと主張。直ちに女性に対し、物議を醸している新法「市民安全法」違反の手続きをとった。

 市民らが「言論統制法」と呼ぶ同法は保安上の理由から警察画像の無断使用を禁じ、違反者には600ユーロ(約8万円)~3万ユーロ(約410万円)の罰金を科すという内容で、7月1日に発効したばかり。

 しかしアリカンテ県の中央政府代表部は警察側の申し立てを退け、女性への罰金処分を取り消した。代表部広報はAFPの取材に「市民安全法とは全く関係ない。車両の写真が公開されたにすぎない」と語った。

 「市民安全法」については、アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)などの人権団体や弁護士、ジャーナリスト団体が批判しており、中にはフランシスコ・フランコ(Francisco Franco)総統の独裁体制時代を想起させるとの非難もあるほどだ。(c)AFP





11万円は痛いですね。
この女性、取り消しになって安心していることでしょう。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓






| 駐禁ルール(スペイン) | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手押し車に“駐車違反”切符、職務熱心すぎる? 駐車監視員が話題

2015-06-13手押し車

英リーズで目撃された、職務熱心すぎる? 駐車監視員が話題を呼んでいる。

先日、あるTwitterユーザーが道を歩いてると、路上に止められた手押し車(猫車)を真剣な表情で見ている駐車監視員がいた。手押し車には道路を舗装するための床スラブが載せられており、何らかの工事用と考えられるが、監視員はそれに違反のステッカーを添付。これに驚いた投稿者は写真を撮り、SNSなどに掲載すると、その味わい深さが話題を呼ぶことになった。

英紙ミラーがこの話題を伝えると、これは「英国特有のジョークではないか」「すぐに撤去できるだろうに(笑)」といったコメントが寄せられ、さらにリーズ市議会の広報はこの写真に対して「本当に起きたことなのかどうか定かではないが、もし本当ならこの監視員は少しだけ仕事に熱心であることの表れかと思います」と声明を発表した。

ネットではこれは冗談であるという見解が多く、「ナンバープレートもないし、どうやっても罰金を取ることは出来なさそうだね」「冗談だろう。冗談でなければならない」といった意見もあるが、「法は法だ」「救急車両などを妨げる可能性もあるからね」と厳しい反応もチラホラ見られるようだ。

※ナリナリドットコムより




写真を見る限り、ジョークじゃなさそうですね。駐車監視員さんも真面目そうだし。
最近、日本国内では駐禁の件数が激減して、駐車監視員がかなり暇になっているそうなので
手押し車の駐禁取り締まりが認められれば少しは駐車監視員の仕事が増えるかも?!
あ、でも手押し車が路上に放置されていることってそうそうないですよね。
そう考えると、やっぱりこの画像はやらせかしら?
皆さんはどう思いますか?

※三角をクリックすれば動画のスタートです↓



| 駐禁ルール(イギリス) | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...