元カリスマ駐車監視員の告白!誰も教えてくれない駐禁ルールの常識

全国8千万人の運転免許を持つ皆さん!この事実を知らないとヤバいですよ!

                

≫ EDIT

渋谷の駐禁標識を壊したのは本当に駐車監視員だったのか?

01_20160210131910e08.png

02_201602101319187c3.png

03_20160210131915ca0.png

標識が曲がっていたりすることは
たまにみかけましたが
ここまで損傷の激しい標識を
みたことがありません。
いったいどうして
外れて落下してしまったのでしょうか?

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓




購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 


スポンサーサイト

| 駐禁動画 | 13:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんと55億円!駐車違反車両放置違反金「逃げ得」横行

01_201602080628148e1.png


02_2016020806281553b.png

駐車違反をした車両の所有者に科される放置違反金を支払わず、請求時効(5年)の成立によって納付を免れる「逃げ得」が横行している。制度の導入から今年で10年となるが、時効で徴収できなかった累積額は55億円以上。人員も限られている中で警察の徴収の体制も容易に整わないが、それでも「このままでは不公平感が蔓延まんえんしかねない」として、あの手この手で取り立ての強化を進めている。

 2006年6月に始まった放置違反金制度では、違反ドライバーの3割が反則金を納めていなかった当時の状況を踏まえ、車両の所有者に確実に支払わせることで、違反の抑止と徴収率向上を目指した。

 ところが、制度のスタート直後から、「金がない」などとして所有者が徴収に応じないケースが続出。地方自治法では、5年以内に徴収しない場合は時効となるため、警察庁は、制度導入から5年を前にした11年2月、戸別訪問などで徴収を徹底するよう、全国の警察に指示した。

 だが、その後も状況は好転せず、警察庁のまとめでは、時効で徴収不能となった累積額は12年3月末で約7億9400万円に。翌13年3月末は約26億円、15年3月末では約55億円と雪だるま式に増え続けている。

 こうした状況に陥った一因として指摘されているのは、制度導入時の警察側の体制不備だ。全国ワースト5位の滞納額を抱える兵庫県警は「滞納が続出する事態を想定していなかった」(幹部)といい、制度が始まった当初は徴収担当者を5人程度しか置いていなかった。またワースト2位の大阪府警では11年3月まで、システム上の問題で滞納を繰り返す人物を抽出できず、効率的な徴収につながらなかったという。

 放置違反金制度に詳しい高山俊吉弁護士(東京弁護士会)の話「徴収不能の累計額がここまで増えたのは、制度に何らかのほころびがあるからだ。民間に徴収業務を委託するなど新たな対策を検討するのはもちろん、制度導入以降の10年間に浮かび上がった問題点を、改めて整理していく必要がある」

※2016年1月31日読売新聞参照




時効は5年なんですね。
前から正直者がバカをみるシステムだとは思っていましたが
いよいよ状況が悪化してきましたね。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓




購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 


| 駐禁ニュース2016 | 06:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渋谷の駐禁地獄スポット!宮益坂は駐車監視員がよだれを垂らして狙う場所

01_20160107062701ca6.png

02_201601070627012b0.png

渋谷の宮益坂通りでは駐車監視員をよくみかけます。
それだけ駐車違反が多いのです。

宮益坂通りはパーキングチケット区間になっています。
パーキングチケットは1回使い方を覚えてしまえば簡単なのですが、
初めてのひとにとっては、ちょっとわかりにくいシステムになっています。

1つ勘違いしがちな部分があるのです。

そこを駐車監視員は狙ってきますので
ご注意願います。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓





購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 

| 駐禁動画 | 06:34 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英国の学生が作った「駐禁キップ取消し出願」サイトで3万人が罰金ナシに

00_201601010641441e7.png

18才の大学生が作った、駐禁キップの取消しを政府に出願できるサイトが、予想外の成果を上げている。

取消願いを無料で市に送付

英国ロンドン出身の大学生ジョシュア・ブロウダーさんが今年8月に開設したサイト「DoNotPay」は、駐禁キップの取消しを求める正式な請願書を自動生成し、ロンドン市にメールしてくれるサイトだ。料金は無料。

もともとはブロウダーさん自身が、ロンドン市内で立て続けに30もの駐禁キップを切られたことがきっかけで始めた半分趣味のようなサイトだが、開設4カ月後、8万6,000人以上が利用し、市議会に正式な請願書を送ったという。

3万人が違反取消し、罰金ナシに

サイトでは、違反取消しを訴えるのに効果的な「理由」を12の中から選べるようになっている。利用者がどれかを選ぶと、電子請願書が自動生成され、それを訴えるのにふさわしい市の部署にメールされるようになっている。

これまでサイトから誓願を行なった8万6,000人のうち、約40%にあたる3万人の誓願が認められ、違反は取消し、罰金はナシとなった。

少数の友だちのために作ったはずが

現在は米国カリフォルニアのスタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスを学ぶ彼は、海外メディアの取材を受けて次のように言う。

「あのサイト(DoNotPay)にそんな大きなインパクトがあったとは、驚きました。僕があれを開設した時は、親戚や友人などほんの少数の人たちの助けになればいいな、と思っただけでした。何万人もの違反取消しに役立つとは、思ってもみませんでした」
出典元:How this guy can help you get out of paying parking fines - Metro(12.29)
出典元:Appeal parking tickets in 30 seconds with free website - The Telegraph(9.3)



この青年は天才ですね。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓




購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 

| 駐禁ルール(イギリス) | 06:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「見逃してくれ」タクシー運転手のお願いを駐車監視員がかなえてくれた!

01_20160101062607517.png

02_20160101062610465.png

「見逃してくれ」といわれても見逃しません。
でも、車に誰かが乗っている場合、
駐車監視員は取り締まることができません。

駐車監視員が取り締まることができるのは
「放置車両」、つまり誰も乗っていない車だけなのです。

※中央の三角をクリックすれば動画のスタートです↓





購読者1,000人突破の人気駐禁メールマガジンで
最新の駐禁情報をゲットしてください。
もちろん、登録無料です。
空欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックするだけ!


メルマガ購読・解除


 

| 駐禁動画 | 06:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...